NEWS

トーレス「移籍時のジェラードの助言に感謝してる」

2015.04.22

 先月末の代表ウィーク中にリバプールが開催したチャリティマッチで、久々に“ホーム”アンフィールドでプレーしていたフェルナンド・トーレスが、かつてリバプールからチェルシーへと移籍した際にスティーブン・ジェラードからアドバイスを受けていたことをスペイン『アス』紙のインタビューの中で明かしている。

 2007年夏にアトレティコ・マドリーからリバプールへと加入したトーレスは、3シーズン半後の2011年1月にチェルシー行きを決断。当時の英国史上最高額となる移籍金5000万ポンド(約90億円)で新天地へと旅立った。

 かなりの注目とレッズ(リバプールの愛称)ファンからの批判を浴びた移籍から4年。現在は古巣アトレティコ・マドリーでプレーするトーレスはまず、今季限りでのリバプール退団が決まっている元同僚について、「ジェラードは僕のキャリア、野心、目標設定の仕方、勝利への渇望、すべてを変えてくれた」とコメント。

 続けて、「ジェラードは僕にたくさんのことを話してくれたよ、リバプールを離れると告げた時でさえもね。彼は僕にこう言ったんだ。『君自身のことだけ考えて、ベストな選択をするんだ。どうやって(選手が)チームから旅立っていくかを見てきただろう。君にとって、今がその重要な時なんだから。君の実力は誰もが認めているよ』」と、チェルシー移籍を決めた際にジェラードとかわしたやり取りの内容を明かした。

 31歳のスペイン人FWはさらに、「彼のようなチームメイトと出会うことは二度とないと確信しているよ」と付け加え、彼にとってジェラードが大きなウェイトを占める存在であることを強調している。

 ジェラードとの移籍にまつわるエピソードについては、昨年夏にリバプールからバルセロナへと移籍したルイス・スアレスが、「『リバプールを離れるのは、然るべきタイミングで、然るべきクラブから声がかかった時でも遅くはない』と言われてアーセナル移籍を思いとどまった」ことを自伝の中で綴っている。

 リバプール一筋18年、偉大なる主将がそのキャリアに多大なる影響を与えた選手は、他にも数多くいることだろう。ジェラードの退団が近づくにつれ、また退団後には様々な逸話が明かされることになりそうだ。

Photo: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

イングランドスティーブン・ジェラードニュースフェルナンド・トーレスプレミアリーグリバプール

Profile

フットボリスタ 編集部