SPECIAL

現地アナリストに聞くカナダの育成事情。デイビスら有望株を輩出する理由とは?

2020.09.14

昨季バイエルンで獅子奮迅の活躍を見せた19歳のアルフォンソ・デイビス、今夏リールへとステップアップを果たした20歳のジョナサン・デイビッドらを筆頭に、近年有望株を輩出しているカナダ。その育成事情について、カナダ女子代表でアナリストを務めた経験を持つヤニス・サラシディス氏に話を聞いた。

若手輩出を加速させるプロリーグ設立

――初めに自己紹介をお願いします。

 「ヤニス・サラシディスです。初めに言っておくと、私は特別な経歴を持っていたり、成功を収めてきたわけではありません。主要な大会で優勝した経験もないです。もし胸を張って言えることがあるとしたら、私の教え子たちがその後もサッカーをプレーし続けてくれたことでしょうね。何人かは今も指導者としてサッカーに携わってくれていますし、ユース年代を指導した選手たちは高いレベルのカテゴリーへと進んでいってくれました。そういった意味で、私は指導者として『個に特化した指導』で選手の育成年代に精通しているかもしれません」

――今までどのようなチームで活動されていたのでしょうか?

 「様々な経験をしてきたおかげで、今の私がありますね。現在はカナダのプロクラブ、キャバルリー FCでアナリストとして活動しています。アナリストとしてはカナダ女子代表にも携わってきましたし、カナダのナショナルセンターでディレクターを務めたこともあります。5歳から大人までの男子・女子を指導してきた経験も持っていますよ。様々な年代・性別を指導したことで、『今後5~10年で選手に必要となるスキルとは何か』『どうやって私がいなくても順調に成長できるように選手を導くのか』という視点を身につけることができましたね」

――そんなカナダの育成事情に詳しいヤニスさんにうかがいたいのが、近年有望なタレントを輩出し続けている理由です。アルフォンソ・デイビスを筆頭に、カナダ出身の選手が若くして活躍していますよね。……

残り:6,377文字/全文:7,184文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

カナダ代表ヤニス・サラシディス育成

Profile

塚本 修太

1997年6月21日生まれ。茨城県水戸市出身。前橋育英高校をケガで中退したのち、イングランドのソレント大学フットボール学部へ。留学中にヨーロッパ諸国を訪れ、様々なサッカーメソッドを学ぶ。2020年7月に卒業予定。