SPECIAL

「可能な限り支援する責任がある」。3冠バイエルンはピッチ外でも王者の振る舞い

2020.08.24

コロナ禍のクラブへの影響:バイエルン

決勝戦でパリ・サンジェルマンを下し7シーズンぶり6度目となるUEFAチャンピオンズリーグ制覇、そして2度目の3冠を達成したバイエルン。ピッチ内での圧倒的なパフォーマンスが目を引いた彼らだが、コロナ禍に揺れた中、ピッチ外で見せた振る舞いもまた、王者に足るものだった。

 世界が未曽有のコロナ危機に直面する中で、バイエルンは素晴らしい取り組みを続けた。御多分に漏れず、無観客試合などによる収入の大幅な減少は免れないものの、3月にはドルトムント、RBライプツィヒ、レバークーゼンと共同で財政難のクラブを救うべく計2000万ユーロ(約25億円)を、さらに5月下旬にはキミッヒとゴレツカが立ち上げた基金『WeKickCorona』に25万ユーロ(約3100万円)を寄付した。25万ユーロに関しては、バイエルンのオリジナルマスク販売による収益だ。このマスクはドイツでも特に経済損失が深刻な地元バイエルン州の企業に製造を発注したもので、サッカー界以外への社会貢献にも尽力している。

クラブも、選手も積極的に

 クラブのチャリティ団体「バイエルン・ヒルフェ」を通じて、アマチュアサッカーと大衆スポーツに対する寄付も行っている。無観客試合によるチケットの払い戻しを辞退したファンの献身で発生した資金を懐に収めずに、レギオナルリーガ・バイエルン地区の18クラブに各2万ユーロ(約250万円)、バイエルン州スポーツ協会に10万ユーロ(約1250万円)を支援した。この財政援助について、バイエルン・ヒルフェのカール・ホプフナー会長は次のように述べている。……

残り:1,687文字/全文:2,365文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バイエルンビジネス

Profile

遠藤 孝輔

1984年3月17日、東京都生まれ。2005年より海外サッカー専門誌の編集者を務め、14年ブラジルW杯後からフリーランスとして活動を開始。ドイツを中心に海外サッカー事情に明るく、『footballista』をはじめ『ブンデスリーガ公式サイト』『ワールドサッカーダイジェスト』など各種媒体に寄稿している。過去には『DAZN』や『ニコニコ生放送』のブンデスリーガ配信で解説者も務めた。