SPECIAL

「OL」リヨンの次期会長はトニー・パーカー!? あのオラスが惚れ込む元NBAスター

2020.08.21

 コロナ禍で打ち切りとなったリーグ1を、なんとか再開できないかと孤軍奮闘していたのがリヨンのジャン・ミシェル・オラス会長だった。思ったことをズバズバ発言、とりわけ自クラブが不利な状況になるとなりふり構わず行動する彼には不快感を示す人も多いが、支持者も同じくらい多い。なによりリヨンをCL常連の強豪に育てたのは彼だ。1987年の会長就任時は2部からスタートし、2001-02から前人未到の7連覇で絶対王者の時代を築いた。

 また、国産選手の育成に力を入れることでフランスサッカー界にも寄与。特に女子代表ともなれば、フランスの躍進はメンバーの中核を占めるリヨンのおかげと言える。日本代表の熊谷紗希も所属していて、国内で14連覇、CLで4連覇中と圧倒的な強さだ。昨年11月には、2019年女子W杯の大会MVPミーガン・ラピノーが所属するアメリカのレインFCを傘下に入れた。同クラブには今年、籾木結花が加入している(現在はスウェーデンのリンシェーピンにレンタル中) 。選手起用など現場にも口を出すことから(しかもけっこう強気に)、合わずに辞めていく監督も少なくないが、オラス会長は確固たるビジョンを持ってリヨンの発展に心血を注いでいる。

リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長

 その会長がこの最近、急接近しているのがトニー・パーカーだ。……

残り:736文字/全文:1,303文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

オリンピック・リヨンジャン・ミシェル・オラストニー・パーカー

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。