SPECIAL

対コロナで団結。グローバルなプレミアリーグの“ローカル回帰”

2020.03.30

現地発コラム

 ここイングランドでも、コロナウィルスという見えない敵との戦いが本格化。「サッカーの母国」にして、サッカーは「二の次」の日常だ。

 もちろん、庶民の意識からサッカーが消えることはない。リーグ日程の延期で試合がなくても、閉店要請でパブ集合が不可能でも、外出制限でレプリカシャツを着て草サッカーに興じることができなくも、「心のクラブ」への思いは尽きない。

 先日、外出が許される犬の散歩中に、散歩仲間のクリスと出会した時のこと。“ソーシャル・ディスタンス”を心がけなければならないだけに、長い立ち話にはならない。互いの犬が一緒に遊びたがっても、飼い主同士は2mほど離れて軽く挨拶を交わす程度。「どう? 大丈夫?」と声をかけると、「ブラウン・エールで喉と淋しさを癒しているから(笑)」と返ってきた。彼は、ニューカッスル出身で、西ロンドンに住んでいても、出身地クラブの白黒縦縞ユニフォーム姿で散歩に出てくることがある。「ブラウン・エール」は、全国的に流通されているニューカッスルの地ビール。アラン・シアラーがエースでキャプテンだった当時、ユニフォームの胸にあった「楕円に青い星印」のラベルを覚えている日本のプレミアリーグファンもいることだろう。......

残り:3705文字/全文:4223文字
この記事は会員のみお読みいただけます

10日間無料お試しはこちら

TAG

プレミアリーグ新型コロナウイルス

Profile

山中 忍

1966年生まれ。青山学院大学卒。在住も20年を超えた西ロンドンが第二の故郷。地元クラブのチェルシーをはじめ、イングランドのサッカー界を舞台に執筆・翻訳・通訳に勤しむ。著書に『勝ち続ける男 モウリーニョ』、訳書に『夢と失望のスリー・ライオンズ』『ペップ・シティ』など。英国「スポーツ記者協会」及び「フットボールライター協会」会員。