SPECIAL

カンポス。リール復活の陰にリーグ1随一のリクルーターあり

2019.10.31

リールのスポーツディレクターを務めるルイス・カンポス

 『月刊フットボリスタ第73号』で特集した若手市場。そこで暗躍するリクルーターに求められる重要な能力の一つは、ポテンシャルのある選手をまだ誰も手をつけていないうちに獲得し、ブレイクさせたのちに高く手放すこと。現在のリーグ1で、その役割においておそらくナンバーワンは、リールのスポーツディレクター、ルイス・カンポスだ。

 2016年10月、新オーナーに着任したジェラール・ロペスに請われてリールの新プロジェクトに参画。この夏8000万ユーロというクラブ最高額でアーセナルに移籍したニコラ・ぺぺは、2年前カンポスがアンジェから1000万ユーロで獲得した選手だ。同じ夏にサンパウロから900万ユーロで呼び寄せたMFチアゴ・メンデスも、今夏リヨンに2200万ユーロで巣立った。

 ロペスとカンポスがタッグを組んだ実質的な初年度の2017-18シーズンは、マルセロ・ビエルサ監督のゴタゴタもあり、最終節で残留を決める綱渡り状態だった。おまけに財政問題を抱え、冬のメルカートでは補強禁止、2018年夏の支出もリーグの財政管理委員会の厳しい監視下に置かれた。

 その条件の中、カンポスはなるべくフリーで獲得可能な優秀な人材を集めた。それが昨季大活躍したDFジョゼ・フォンテ、MFジョナタン・バンバ、今夏ミランに移籍した20歳のFWラファエル・レオンらだ。またぺぺ、バンバと超攻撃的な“BIP”トリオを形成したジョナタン・イコネも、パリSGから500万ユーロで獲得。補強費をわずか890万ユーロに抑えて、17位から準優勝という大復活劇を遂げた。

 もちろんチームを率いたクリストフ・ガルティエの手腕も大きいが、監督の目指すチーム作りを察知して適材を連れてくるカンポスの慧眼は実に見事であり、彼はそれをレアル・マドリーでモウリーニョの片腕を務めた時代(2012-13)に学んだという。

モナコでは3000万ユーロを2億ユーロに

 レアル・マドリーの後は、リールに来る2016年夏までモナコのテクニカルディレクターを務めた。2016-17にリーグ優勝したチームはカンポスの置き土産と言っていい。彼の離職後に加わった主力選手はカミル・グリク、ジブリル・シディベ、バンジャマン・メンディのみ。ベルナルド・シルバ、ファビーニョ、ティエムエ・バカヨコ、トマ・ルマルはすべてカンポスが集めた人材で、ブレイク前だった4人の獲得費は合わせて3000万ユーロ以下。それが、2017~18年にしめて総額2億500万ユーロで売却と7倍近く価値を上げてみせた。

 しかも前述のペペなども含め、全員がステップアップと呼べる移籍を実現しているのも重要な点だ。カンポスは選手をより成長できる環境に引っ張り、活躍させ、価値を上げて羽ばたかせる。結果、クラブは好成績と金銭面での恩恵を受ける。まさに理想的なWin-Win だ。ここ最近のモナコの低迷は、カンポス離脱後のリクルートのまずさにある気がしてならない。対照的に、ポルトガル人MFレナト・サンシェスもバイエルンから獲得したリールは、今季も上位を狙える存在になりそうだ。


Photo: Getty Images

TAG

ルイス・カンポス移籍

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。