SPECIAL

「デル・ピエーロ・ゾーン」――左ハーフスペースの支配者の玉座

2019.05.08

alessandro del piero

最新戦術用語で読み解くレジェンドの凄み#1

過去から現在に至るまで、サッカーの歴史を作り上げてきたレジェンドたち。観る者の想像を凌駕するプレーで記憶に刻まれる名手の凄みを、日々アップデートされる最新戦術用語であらためて読み解く。

第1回は、イタリアサッカーが連綿と紡いできたファンタジスタの系譜を代表する一人、アレッサンドロ・デル・ピエーロ。代名詞だった左斜め45度、当時は“存在”しなかった「ハーフスペース」からのフィニッシュにスポットライトを当てる。

デル・ピエーロ・ゾーン

 ペナルティエリアの横幅を3つに分けた時の左側は、「デル・ピエーロ・ゾーン」と呼ばれていた。現在の5レーン理論なら、単に左のハーフスペースと呼ばれる場所に人名がついていたのだ。

 この場所から、右足でファーポストへ巻いていくシュートを彼が得意としていたからだ。もっとも、右利きの選手にとって、この場所からのファーサイドは狙いやすいコースであり、カットインからのシュートとしては定番といっていい。左サイドからカットインしての右足シュートは、サッカーが始まったころからあったと考えられる。左利きの割合は時代や国を問わず、およそ10人に1人だそうだ。つまり、左ウイングの多くは右利きで、1930年代からカットインシュートが十八番という選手は普通にいたわけだ。

 ただ、場所に名前がつけられたのはデル・ピエーロぐらいだろう。

 彼の後にもファーサイドへ巻いていくシュートを得意とする選手としてはティエリ・アンリがいたし、現在ならコウチーニョやネイマールもいるが、アンリ・ゾーンやネイマール・ゾーンとは呼ばれていない。それだけデル・ピエーロのゴールシーンは印象的で絶対的なイメージがあったわけだ。

 デル・ピエーロは右足の内側を使ったキックに特徴があった。少し体を開きながら右方向へ蹴るのが得意で、正確なパスや多くの得点を決めたFKにもその特徴は表れている。デル・ピエーロ・ゾーンからは右上隅を狙ったシュートが多いのだが、GKの守備範囲の外から枠へ収めてくるので防ぎようがない。そんなに強烈なシュートではないが、けっして弱くもない。コースだけを狙ったループではなく、スピードも伴っていた。よく曲がるわりにそんなに回転がかかっていないのは、中心に近いところを蹴っているからだ。ボールのスピードもありながら急激にフックし、ピンポイントで命中させられる。ただ曲げるのではなく、インパクトが強くウエートも乗っている。だからシュートに向いていた。キックの精度に自信があるので、デル・ピエーロはバーの下ぎりぎりをよく狙っていて、自分のキックの性質とGKが届かないコースが完全に手の内に入っている感じだった。

 デル・ピエーロ・ゾーンからは、右足でファーポストを狙うコースだけではなく、左側にも入れていた。切り返しての左足シュートも正確。絶対的な形が1つあって、その他のシュートも巧いのだから守備側には防ぐのが困難だ。デル・ピエーロにここで前を向かれたら「負け」に等しかった。

デル・ピエーロのゴール集動画

ハーフスペースへの移動

 絶対的なデル・ピエーロ・ゾーンがある以上、デル・ピエーロをそこでプレーさせるのがチームとして最上の策になる。ただ、最初からそこにいるのが良いわけでもない。

 ユベントスやイタリア代表ではフィリッポ・インザーギと2トップを組むことが多く、「デル・ピッポ」と呼ばれたが、典型的な点取り屋のインザーギと違って、デル・ピエーロはチャンスメイカーを兼ねていた。ポジションは左サイドから中央にかけて。当然、デル・ピエーロ・ゾーンも含まれている。

「デル・ピッポ」と称されたインザーギとデル・ピエーロ。ユベントスでは4シーズン、イタリア代表では10年間共闘しセリエAやワールドカップ制覇の喜びを分かち合った

 左ウイングの位置から左のハーフスペースへ。これはハーフスペースへの移動の定番と言える。味方の左サイドバックの敵陣への進出とセットになっていて、敵の右サイドバックが、上がってきた左サイドバックを警戒して動いた瞬間が合図になる。この時に中へ入れば、敵の右サイドバックとセンターバックの中間のポジションへ入れる。そこでパスを受けて1つ中へ入れば、もうそこはデル・ピエーロ・ゾーンだ。

 日本代表を率いていたアルベルト・ザッケローニ監督は、香川真司を日本のデル・ピエーロにしようとしていた。トップ下に本田圭佑、左サイドに香川を起用している。ドルトムントで[4-2-3-1]のトップ下として日の出の勢いだった香川からすれば、左サイドは不本意だったろう。ただ、ザッケローニがイメージしていたのはハーフスペースでプレーするデル・ピエーロであり、香川本人にもそういう説明をしていたそうだ。長友佑都、遠藤保仁との関係を作って香川を左のハーフスペースに移動させるのは、やがて日本代表の主要攻撃ルートになっていった。

 利き足とサイドが逆になる、いわゆる「逆足ウイング」の効能が発揮されるのは、タッチライン際のプレーよりもハーフスペースである。ルーマニアのゲオルゲ・ハジ、イングランドのクリス・ワドル、バルセロナでプレーする時のロナウジーニョなどが逆足ウイングだった。現在でもソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)やエデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)がこのタイプで、左利きのリオネル・メッシは右のハーフスペースを起点にしている。

ロベルト・バッジョとの競合

 プロデビューを果たしたパドバでの2シーズンを経て、1993-94シーズンにユベントスへ移籍したデル・ピエーロ 。当時、ユーベには世界最高クラスのアタッカーであるロベルト・バッジョがいた。

 セリエBのパドバから来た18歳が、次のシーズンでバッジョに取って代わると予想した人はいなかったと思う。1994-95シーズン、バッジョが負傷したためにレギュラーポジションを得ると、ジャンルカ・ビアッリ、ファブリツィオ・ラバネッリと強力な3トップを組んで9シーズンぶりにスクデットを獲得、コッパ・イタリアも制した。当時、ラニエリ会長はデル・ピエーロを「ピントゥリッキオ」に喩えている。ルネサンス時代の画家の繊細なタッチとデル・ピエーロの才気を重ねたのだが、ピントゥリッキオはラファエロの弟子なのだ。つまり、バッジョがラファエロで、デル・ピエーロは将来バッジョを継ぐべき逸材という位置づけだったわけだ。ところが、デル・ピエーロの活躍によってバッジョはミランへ移籍することになり、ユーベの10番はデル・ピエーロへ引き継がれた。

 イタリアきってのファンタジスタ、ロベルト・バッジョはここからしばらく苦難の道を歩み、対照的にデル・ピエーロはユーベとともに栄光を築いていく。イタリア代表でも名実ともにデル・ピエーロがエースになるのだが、98年に今度はデル・ピエーロが膝を負傷してしまう。ボローニャで復活を遂げたバッジョへの期待が高まると、バッジョがデル・ピエーロを脅かす番になった。よく似たタイプの2人は共存が難しく、その時の状況によってデル・ピエーロとバッジョは光になり影になっている。

写真はブレシア時代のロベルト・バッジョとデル・ピエーロ

 負傷してからのデル・ピエーロはベストの状態に戻るまでに数年を要した。ただ、その間にもクリスティアン・ビエリ、ダビド・トレゼゲ、ジネディーヌ・ジダン、パベル・ネドベドなど、個性の異なるチームメートとうまく共存できていた。クラブのバンディエラ(旗手=看板選手の意味)であり、プレーの多様性とともに、そのリーダーシップによって欠かせない存在になっていたのだ。セリエBに降格した時にも移籍を断り、1シーズンでの昇格に貢献している。2006年ドイツワールドカップでは優勝メンバーとして名を連ねた。この時は主力ではなかったが、マルチェロ・リッピ監督にとって、そのパーソナリティからイタリア代表に欠かせない選手だったのだろう。フィールド上で自分のゾーンを確立したデル・ピエーロは、ユベントスとイタリア代表というエリート集団の中でも自分の居場所を確立していた。

◯ ◯ ◯

 豊かなイマジネーションとそれを具現化するスキルで数々の美しいゴールを生み出してきたファンタジスタの顔と、どんな苦境にも屈しない強靭なメンタリティでチームを牽引するバンディエラの顔を持ち合わせ、今なおファンの語り草となっているアレッサンドロ・デル・ピエーロ。偉大なるレジェンドが、リリース1周年キャンペーンを展開中の大人気スポーツ育成シミュレーションゲームプロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)に登場する。

 また、リリース1周年を記念した豪華キャンペーンの数々も開催中。「サカつく」未経験の方もこの機会にぜひ、ゲームにトライしてみてほしい。

<商品情報>

商品名 :プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド
ジャンル:スポーツ育成シミュレーションゲーム
配信機種:iOS / Android
価 格 :基本無料(一部アイテム課金あり)
メーカー:セガゲームス

さらに詳しい情報を知りたい方は公式HPへアクセス!
http://sakatsuku-rtw.sega.com/

©SEGA  All Rights Reserved By JFA
©2018 adidas Japan K.K. adidas, the 3-Bars logo and the 3-Stripes mark are trademarks of the adidas Group

The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アレッサンドロ・デル・ピエーロ戦術

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。