SPECIAL

なぜブラジル人選手はバルセロナに憧れるのか?

2018.05.04

サウダーデの国からボア・ノイテ


 今年1月に世界サッカー史上2番目の高額違約金(1億6000万ユーロ=約208億円)でリバプールからバルセロナへ移籍したブラジル代表MFコウチーニョは、入団会見で「子供の頃からの夢が叶った」と感極まった表情を浮かべた。このクラブでプレーする実に35人目のブラジル人選手となった彼を含め、誰もがその一員となったことに感激し、興奮を隠さない。ブラジル人選手は、なぜそろいもそろってバルサに憧れるのか。

 バルサに最初に加入したブラジル人選手は、1931~32年に在籍したボランチのファウストとGKジャグアレーの2人。しかし、当時リーガでは外国人選手の出場が認められておらず、親善試合でプレーしただけ。1947~49年には右ウイングのルシジオが在籍したが、彼も3試合の出場にとどまった。バルサでブラジル人選手のイメージを劇的に変えたのが、1957~62年に在籍したFWエバリスト・デ・マセード。洗練されたテクニックと高い決定力を発揮し、226試合に出場して178得点を挙げ、クラブのレジェンドとなった。

なぜ大成功できるのか?

 過去、バルサで顕著な成功を収めたブラジル人選手は、このマセードに加えてロマーリオ、ロナウド、ソニー・アンデルソン、リバウド、ロナウジーニョ、デコ(ポルトガルに帰化)、ダニエウ・アウベス、そしてネイマールあたり。D.アウベスを除き、全員アタッカーだ。このうちロマーリオは1994年、ロナウドは1996年、リバウドは1999年、ロナウジーニョは2004年と2005年の2度、バルサ在籍中に世界最優秀選手に選ばれており、ブラジル人には「バルサで成長して世界一の選手になった」というイメージがある。

 一方、バルサの宿敵レアル・マドリーに在籍したブラジル人選手は25人で、このうち顕著な成功を収めたのはロベルト・カルロス、ロナウド、マルセロくらい。在籍中に世界最優秀選手となったのは2002年のロナウドだけで、ロビーニョとカカーは期待を裏切った。クラブとしての実績ではチャンピオンズリーグを制覇した回数(12対5)でもリーガの優勝回数(33対25)でもマドリーの方が上なのだが、ブラジル人にとってはバルサの方が輝かしく見える。それは過去、ブラジル人選手を大いに輝かせてくれたからなのだろう。

 バルセロナは気候が温暖で、海沿いにある。ブラジル人は陽光と海が大好き。街の開放的な雰囲気も居心地がいい。攻撃的で戦術的制約が少ないのも、ブラジル人向きだ。しかし、ブラジル人選手がバルサで成功する最大の理由は「最高の選手がバルサを選ぶから」で、換言すれば「バルサがその時どきのブラジル最高の選手を獲得するから」ではないか。

 果たして、コウチーニョはこのクラブでさらに成長できるのか。セレソンにとっても極めて重要な選手であり、ブラジル国民はバルサでの今後に大いに注目している。


Photo: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バルセロナフィリペ・コウチーニョ

Profile

沢田 啓明

1986年ワールドカップ・メキシコ大会を現地でフル観戦し、人生観が変わる。ブラジルのフットボールに魅せられて1986年末にサンパウロへ渡り、以来、ブラジルと南米のフットボールを見続けている。著書に『マラカナンの悲劇』(新潮社)、『情熱のブラジルサッカー』(平凡社新書)など。