SPECIAL

強いユベントスが帰ってくるのか!?アッレグリの誤算と苦悩…7戦無敗で巻き返しへ

2022.01.11

セリエA前半戦を終えて首位と勝ち点12差の5位。それでも11月末の第15節から5勝2分と無敗を継続し、新年早々の上位対決2連戦でナポリ(1-1)、ローマ(3-4)相手に4ポイント獲得と、復調気配を見せているのがユベントスである。9連覇達成後、4位に終わった昨季を経てマッシミリアーノ・アッレグリ監督を呼び戻した元王者の現状は? 再びスクデットを争えるチームになるための課題と希望は? ユベンティーニにはお馴染みのファンサイト『月刊ユベントス』の編集長ミツ(@system442)さんが“真面目に”考察する。

 アッレグリが怒っている。

 この光景自体はユベンティーニにとって決して珍しいものではない。むしろ日常だ。しかし、今シーズンはその回数が多い。

 元来、「喜怒哀楽」の「怒」については余すことなくピッチにぶつけるイタリア人監督だが、2年の時を経てユベントスに戻って来た今、誰が見ても苦戦を強いられていることは明らかだった。

トリノ帰還

 2018-19シーズン終了後、ユベントスは監督として実に5度のセリエA優勝と4度のコッパ・イタリア優勝、さらに2度のチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を果たしたマッシミリアーノ・アッレグリを解任した。クラブは(もちろん)正式には発表していないが、「アッレグリではCLで優勝できない」、それが唯一の理由であることは火を見るよりも明らかだった。

 それから2シーズンが過ぎ、今度はコッパ・イタリア優勝とCL出場権を獲得したアンドレア・ピルロをユベントスは解任し、アッレグリを再招へいすることを決めた。クラブは(もちろん)正式には発表していないが、「ピルロがセリエA 10連覇を逃した」、それが一つの理由であることは誰が見ても明らかだった。

 「ピルロ解任」にはファンの一部から大きな反発が寄せられることになったものの、その直後に届いた「アッレグリ帰還」の報にはファンから大きな期待が寄せられた。私も「また強いユベントスを見ることができる」と両手を広げてアッレグリを迎え入れた。しかし現実はそんなに甘くはなく、2021-22シーズン前半戦終了時点でのリーグ順位は、首位インテルに勝ち点差12を離されての5位。アッレグリが監督に就任した時、「イタリアには『温め直したスープは不味い』という諺がある」と評していた現地メディアの言葉を思い出した。

2014-19に指揮したユベントスに2年間の休養を経て復帰した54歳のイタリア人監督。セリエAでは第21節を終えて11勝5分5敗・32得点21失点で5位、CLではグループHを5勝1敗・10得点6失点で首位通過し、ラウンド16でビジャレアル(スペイン)と対戦する

ベテランと若手

 今シーズン、アッレグリが苦戦を強いられることになる理由の一つに、選手の年齢層が挙げられる。……

残り:3,341文字/全文:4,518文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年1月号 Issue088

08-09ペップバルサから2021川崎Fまで。革新チームで振り返る15年の戦術進化 [特集]2006-2021サッカー戦術ヒストリア フットボリスタ創刊15周年記念号

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

マッシミリアーノ・アレグリユベントス

Profile

ミツ

愛と笑いを届けるファンサイト『月刊ユベントス(通称:月ユベ)』編集長。ユベントスとデ・シリオとハイボールを愛する47歳。「負けた時こそ笑いに変える」をモットーとして、1990年代後半からビアンコネロを緩く応援し続けている(https://getsu-juve.com)。