SPECIAL

アンヘル・ディ・マリアという世界最高の脇役〜細いパスタの夢、ちびメッシとその先へ〜

2021.09.21

メッシの本領発揮、そして“MNM”トリオを機能させるキーマンになるのではないか。9月19日のフランス・リーグ1第6節リヨン戦(○2-1)で初めて彼らとともに先発でプレーした、パリ・サンジェルマン在籍7季目の33歳、アンヘル・ディ・マリアだ。2007年に19歳で地元のロサリオ・セントラルからベンフィカへと渡ったアタッカーはこれまで、アルゼンチン代表における最高の相棒メッシを筆頭に、レアル・マドリー(10-14)ではロナウド、マンチェスター・ユナイテッド(14-15)ではルーニー、PSGではイブラヒモビッチやネイマール、ムバッペといったスーパースターを支え続け、時にその“主役”たちを食う活躍を見せながら、輝かしいキャリアを過ごしてきた。今ではPSG歴代アシスト王(106)にも君臨するディ・マリアという名脇役について、あらためてどんな人物なのか、苦労を重ねた少年期からの人生物語をChizuru de Garciaさんに伝えてもらった。

 「信じられないよ。1カ月の間に夢が2つも叶うなんてね」

 アルゼンチンのサッカー番組『Fútbol 360』によるインタビューで、アンヘル・ディ・マリアはまるでクリスマスプレゼントをもらったばかりの子供のような口調でそう語った。「2つの夢」の1つは先のコパ・アメリカでの優勝、もう1つはリオネル・メッシと同じクラブでプレーすることを指している。

 ディ・マリアはメッシを“エナーノ”(ちび)と、メッシはディ・マリアを“フィデ”(「細いパスタ」を意味するフィデオの略称)と互いに呼び合う。2008年の北京五輪で一緒に金メダルを勝ち取った後、長年続いたアルゼンチン代表における無冠の屈辱をともに味わいながら、ついに南米王者のタイトルをつかみ取った「フィデとエナーノ」は、今シーズンからパリ・サンジェルマンでチームメイトとなった。

共闘し優勝した2008年北京五輪でのディ・マリアとメッシ

彼は何度も「夢」という言葉を口にする

……

残り:3,237文字/全文:4,070文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アンヘル・ディ・マリアリオネル・メッシ

Profile

Chizuru de Garcia

89年からブエノスアイレスに在住。1968年10月31日生まれ。清泉女子大学英語短期課程卒。幼少期から洋画・洋楽を愛し、78年ワールドカップでサッカーに目覚める。大学在学中から南米サッカー関連の情報を寄稿し始めて現在に至る。家族はウルグアイ人の夫と2人の娘。