SPECIAL

「長谷部のように、できるならフランスでずっとやりたかった」――松井大輔にとってサッカー選手とは

2021.03.30

Jリーグ復帰から3年、男は再び世界に飛び出した。5月には40歳を迎える2021年、日本を含め6カ国12クラブ目となる新天地は、ベトナム1部リーグのサイゴンFC(Saigon FC)だった。1月17日のデビューから約2カ月。その挑戦の背景や現状、そして自身も「想像していなかった」というサッカー人生について、初の海外移籍となったルマン時代(2004〜08年)を振り返りつつ、ホーチミンからオンラインで応じてくれたインタビューを前後編でお届けする。

前編はこちら

僕はメンタルが弱かった

「マルセイユでやれている酒井は本当にすごい」

――ルマン(04-08)、サンテティエンヌ(08-09)、グルノーブル(09-11)、ディジョン(11-12)でプレーしたフランスを去ってから、パリには行きましたか?

 「ジュビロ時代(14-17)に1回行きました。2016年くらいだったかな。それ以来は行ってないですね。子供も大きくなったし」

――ルマンで仲良くしていた人たちとは今でも交流が?

 「まだ連絡取ってますよ。アントニー(松井選手が親しくしていたフランス人男性)とも。彼の子供も大きくなっていて。知っていた選手はもうほとんど(現役を)辞めちゃってますけどね」……

残り:5,085文字/全文:5,601文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

サイゴンFC松井大輔

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。