SPECIAL

名手から名将へ。大きな一歩を踏み出した監督エルナン・クレスポの哲学

2021.02.09

2021年1月に開催されたコパ・スダメリカーナで、監督としての初戴冠を遂げたエルナン・クレスポ。現役時代は攻守に汗を流し、最後の最後まで戦い抜くファイターとして鳴らした45歳の元アルゼンチン代表ストライカーは、いったいどんな指導者になろうとしているのか。これまでの歩みから指導理念、タイトル獲得の要因についてChizuru de Garciaさんに綴ってもらった。

 コパ・スダメリカーナ2020を制覇したのは「デフェンサ・イ・フスティシア」という、国際舞台では聞き慣れない名前のクラブだった。デフェンサは2014年にアルゼンチン1部リーグに昇格したばかりの小さなクラブで、国際大会でタイトルを取ったのはこれが初めてのこと。そのデフェンサの監督を務めていたのが、かつて屈指のストライカーとして世界にその名を轟かせたエルナン・クレスポである。

「忠誠心」と「ゲームモデル」

 「私のチームは、私自身の人生哲学と関係がある。私はじっとしているのが苦手で、自分から提案して築き上げていくことが好きだ。座ったまま何が起こるのかを待つのは嫌いで、自分の運命の主になりたいと思っている。時には失敗もするし、うまく行くこともあるが、いずれも忠誠心と敬意があってこそ。私はそれをチームに植えつけようとしているんだ」(『クラリン』紙より)……

残り:3,428文字/全文:3,981文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

エルナン・クレスポデフェンサ・イ・フスティシア

Profile

Chizuru de Garcia

89年からブエノスアイレスに在住。1968年10月31日生まれ。清泉女子大学英語短期課程卒。幼少期から洋画・洋楽を愛し、78年ワールドカップでサッカーに目覚める。大学在学中から南米サッカー関連の情報を寄稿し始めて現在に至る。家族はウルグアイ人の夫と2人の娘。