SPECIAL

若き戦術家ナーゲルスマンが見据える「理論」と「パワー」の化学反応

2020.12.07

新時代を切り拓く戦術家

新時代を切り拓く戦術家として、真っ先に名前が挙がる男ユリアン・ナーゲルスマン。RBライプツィヒを率いて2シーズン目の青年指揮官が描くチーム進化の青写真とは。

Julian NAGELSMANN
ユリアン・ナーゲルスマン

生年月日:1987.7.23(33歳)
国 籍:ドイツ
監督デビュー:2011年7月(ホッフェンハイムU-17)
現クラブ就任:2019年7月(2季目)

Keywords

奇抜なファッション
「服装で人目を引きたい」と公言しており、しばしば炎上のもとに。CL準決勝で着たスーツは「まるでソファの柄」と批判された。

ナイキと契約
『シュポルトビルト』誌によると、ナイキとパートナーシップ契約に合意。ナイキが監督と個人契約するのは初めて。

愛車はポルシェ初の電気自動車
クラブスポンサーのポルシェが電気自動車「タイカンターボ」(約1870万円)をプレゼント。ホッフェンハイム時代はジャガーに乗っていた。

スケートボードで練習場へ
練習場までの7kmを電動スケートボードで通勤することも。「よくファンに笑われる。でも僕も普通の人間だとわかってもらえると思う」。

挑戦マニア
スキー、スノーボード、パラグライダー、マウンテンバイクが趣味で「もし監督を辞めたら山岳ガイドになりたい」。趣味でも挑戦が好きだ。……

残り:2,073文字/全文:2,631文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

RBライプツィヒユリアン・ナーゲルスマン戦術

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。