NEWS

アヤックスのアカデミーで育まれる理想的な「マインドセット」とは?

2019.05.27

OBが語るアヤックス・アカデミー

 レアル・マドリー、ユベントスと立て続けにビッグクラブを撃破し、今季のチャンピオンズリーグ(CL)で“大番狂わせ”を演じたアヤックス。その中で中心的な役割を担ったのは、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトを筆頭とするアカデミー出身者だった。

 彼らを輩出したアヤックス・アカデミーで働く元オランダ代表DFヨン・ハイティンハも同じく下部組織出身者。わずか17歳でトップチームデビューを果たした逸材は、アトレティコ・マドリー、エバートン、フルアム、ヘルタ・ベルリンでもプレーした。2015年にアヤックスへ復帰すると、翌年には32歳の若さで現役を引退。U-19チームで指導者キャリアをスタートさせた。

 35歳となった現在も同チームで指導を続けているハイティンハがアカデミーの育成方針について語ったのが、今月初めに掲載された英紙『テレグラフ』のインタビューだ。

 「僕たちは若い選手たちに絶大な信頼を寄せている。それが最重要事項だよ」

 「選手たちにはとにかくチャンスを与えたい。僕たちがやっているすべては、できるだけ多くの選手をトップチームに輩出するために設計されているんだ。選手たちが6、7歳の頃から、それを目標に取り組んでいくようにしている」

 中でもトップチームへ1人でも多くの選手を導くために、時間をかけて育んでいるというのが「マインドセット」だ。その重要性をハイティンハは力説する。

 「才能に溢れる選手は数多くいるが、才能だけでは不十分。取り組みに対するひたむきさ、向上心の強さが違いを生み出すんだ。選手たちに問うのは、目標を達成するために期待以上の取り組みを行うこともいとわないという覚悟だよ」

デ・リフトは大一番でも動じない

 理想的なマインドセットを身につけているのは、ハイティンハと同じく17歳の若さでトップチームデビューを飾ったデ・リフトだ。

 「例としてデ・リフトが挙げられるね。彼が幼少期からこなしてきたすべてに、世界最高のDFになるという強い想いが込められている」

 この19歳の若きキャプテンに近しい人物として、 代理人を務めるアヤックスの名DFバリー・フルスホフもこんな証言を残している。

 「彼のマインドは、良いDFになるための課題に絶えず向けられている。彼はどんなときも100%を捧げるし、個人目標まで設定しているんだ。ケガの問題を抱えることがなければ目標達成だね」

 ハイティンハはアカデミーで形作られたマインドセットが、今季の“大番狂わせ”の秘訣になったことを示唆する。実際にデ・リフトはユベントスと激突したCLラウンド8第2レグで、相手エースのクリスティアーノ・ロナウドへのマークが一歩間に合わず28分にCKより先制を許したが、以降はミスに動じず名門相手に安定した守備対応を披露。さらには同点で迎えた67分、借りを返すかのようにCKから決勝弾を頭で叩き込み、自ら失敗を帳消しにしてチームをベスト4へ導いてみせた。後輩たちが今季トップチームで披露した堂々たる戦いぶりを、ハイティンハはこう誇っている。

 「それこそ、今アカデミーからトップチームに上がってプレーしている選手が何事も難なく切り抜けられる理由だよ。19歳のデ・リフトのようなまだまだ若い選手でも、重圧を感じることはない。大一番でも動じないね。トップレベルのチームを相手にプレーできるし、集中力を欠くことはないよ。そうやって育ってきたんだからね」

Photo: Getty Images

プレミア会員になって
もっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

TAG

アヤックスマタイス・デ・リフト育成

Profile

足立 真俊

1996年生まれ。米ウィスコンシン大学でコミュニケーション学を専攻。卒業後は外資系OTAで働く傍ら、『フットボリスタ』を中心としたサッカーメディアで執筆・翻訳・編集経験を積む。2019年5月より同誌編集部の一員に。プロフィール写真は本人。Twitter:@fantaglandista