SPECIAL

「Jクラブはスタジアムを区分所有すべき」元Bリーグチェアマン・大河正明のJリーグへの提言

2020.10.15

大河正明(大阪成蹊大学スポーツイノベーション研究所所長/元Bリーグチェアマン)インタビュー

Jリーグでクラブライセンス制度の設計から運用を担った後、Bリーグのチェアマンとして創設から発展を支えた大河正明氏。異なるプロスポーツの現場を知るファイナンスのスペシャリストに、両リーグの立場から離れた今、あらためてJリーグへの提言を聞いた。

放映権ビジネスの新しい形。Jリーグの「メディアカンパニー化」

――大河さんはJリーグでクラブライセンスマネージャーを務めた後、Bリーグのチェアマンとして最前線で指揮を執っていました。現在は外から見守る立場として、あらためてJリーグへの提言を聞かせてください。

 「JリーグはDAZNさんとの放送配信契約があって、今年10年から12年契約になりましたけれど、年間約200億円の収入があります。そこから映像制作などにかかるコストを差し引いても、年間100億円以上の真水の収入が残るわけです。個人的な意見を言わせてもらうと、優勝賞金のように成績上位のクラブに手厚く配分することも大切ですが、スタジアムやデジタルといった投資に大きく使ったら良いと思います。例えば、地上波放送優位の時代はどこかで終わりがくるでしょう。実際にサッカーも野球も地上波のコンテンツではなくなりつつあります。地上波は広告出稿者を集めて営業案件で番組を作っているケースもあるので、試合の2時間をどう放送するかが重要です。湘南ベルマーレのドキュメンタリーのように選手の24時間、クラブの24時間をコンテンツ化した動画をJリーグが一括で配信できる環境を整えるのはすごく大事になってくると思います。日本でJリーグのコンテンツの権利を持っているのはJリーグしかいないですし、現在は映像制作も自前でやっているので実現できる可能性はあると思います」……

残り:6,718文字/全文:7,480文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

Jリーグビジネス大河正明文化

Profile

浅野 賀一

1980年、北海道釧路市生まれ。3年半のサラリーマン生活を経て、2005年からフリーランス活動を開始。2006年10月から海外サッカー専門誌『footballista』の創刊メンバーとして加わり、2015年8月から編集長を務める。西部謙司氏との共著に『戦術に関してはこの本が最高峰』(東邦出版)がある。