SPECIAL

ミシャ・コンサドーレとビエルサ・リーズ。 マンマーク守備の魅力とジレンマ

2020.09.29

マルセロ・ビエルサ率いるプレミアリーグのリーズと、“ミシャ”ことミハイロ・ペトロビッチが指揮を執るJ1リーグの北海道コンサドーレ札幌。異なるリーグで戦う2チームの共通点、そして課題とは。『戦術リストランテⅥ ストーミングvsポジショナルプレー』が好評発売中の西部謙司さんが分析する。

コンサドーレのマンマークと0トップ

 北海道コンサドーレ札幌が低迷している。第7節の横浜F・マリノス戦に勝利してからリーグ戦では9戦勝ちなし、9月16日の第12節サガン鳥栖戦でようやく勝利(0-2)したものの、そこからまた3連敗。20試合を消化した時点で15位に沈んでいる。

 戦術的に今季の札幌は画期的と言っていい。[3-4-2-1]はそのままだが、運用が変わった。人を捕まえにいくマンマーク方式になっている。マルセロ・ビエルサジャン・ピエロ・ガスペリーニを彷彿とさせる守備戦術だ。

 基本的にはビエルサ方式と似ていて、マッチアップする相手を早く捕まえて、受け渡しもあまりしない。捕まえた時点でプレスの強度は最大化されていて、ボール奪取地点も高くなる。マンマークなので相手のビルドアップにおけるシステムの形状変化にも左右されない。……

残り:3,384文字/全文:3,885文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年3月号 Issue083

変化を牽引するドイツの今。商業化の功罪、育成大国の模索、CL王者の戦術 【特 集】 ブンデスリーガの光と影。 変革期のドイツサッカー界で何が起きているのか

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

マルセロ・ビエルサリーズ北海道コンサドーレ札幌

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。