SPECIAL

決勝に進めば6戦6勝。セビージャはなぜELでこんなにも勝てる?

2020.09.02

2019-20シーズンのELで4シーズンぶりとなる頂点に立ったセビージャ。単独最多だった大会優勝回数を6とし、決勝で相対したインテルなど4クラブの3回にダブルスコアの差をつけてみせた。しかも、決勝進出時の勝率は100%。これほどまで相性が良い理由とはいったい何なのか。長らくクラブを追い続けている木村浩嗣さんに解読してもらった。

 セビージャはなぜ、ELで勝てるのか?を知るためには、逆説的だが、なぜ他のコンペティションでは勝てないのか?から見ていかなければならない。6回決勝に進んで6連勝のELだけ見ると、“勝負強いセビージャ”と誰でも思うだろう。だが、ELに限らないデータを見ていくと、この印象は変わらざるを得ない。

 例えば、何回決勝に進んで何回タイトルを掲げたか?

 キーマンであるモンチ(彼については後ほど掘り下げる)がスポーツディレクター(SD)として在籍した18シーズンで、セビージャは19回決勝に進み10個タイトルを獲っている。その10のうち6つが旧UEFAカップを含むEL。ELを除く決勝の戦績は13戦で4勝9敗と寂しい数字が残っている。コパ・デルレイこそ4回ファイナルに進んで2回優勝しているが、CL王者と対戦するUEFAスーパーカップは5度戦ってタイトル獲得は1度だけ。コパ・デルレイ王者としてリーガ王者と対戦したスペインスーパーカップは、4度戦ってやはりタイトルは1個だけである。

 つまり、セビージャはELでだけ傑出して強いのだ。……

残り:3,931文字/全文:4,562文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

セビージャ

Profile

木村 浩嗣

編集者を経て94年にスペインへ。98年、99年と同国サッカー連盟の監督ライセンスを取得し少年チームを指導。06年の創刊時から務めた『footballista』編集長を15年7月に辞し、フリーに。17年にユース指導を休止する一方、映画関連の執筆に進出。グアルディオラ、イエロ、リージョ、パコ・へメス、ブトラゲーニョ、メンディリバル、セティエン、アベラルド、マルセリーノ、モンチ、エウセビオら一家言ある人へインタビュー経験多数。