SPECIAL

アレハンドロ・ゴメス:南米産の小さな主将が若手と市民の導き手に

2020.06.20

【チームリーダーの心得】経験豊富な30代が望ましい

FW10
Alejandro GÓMEZ
アレハンドロ・ゴメス

(アタランタ)
1988.2.15(31歳)165cm / 68kg ARGENTINA

 昨年の12月23日、アレハンドロ・“パプ”・ゴメスはベルガモ市の市民功労賞を受賞した。政財界、文化、教育など街に多大な貢献を果たした15人に名を連ねたのだ。

 「クラブ100年間の歴史の中で頂点に達したアタランタの主将。主将として際立ったスポーツマンシップとプロ精神を発揮し、我われの街の名を欧州に轟かせ価値を上げてくれた」......

残り:847文字/全文:1,113文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アタランタアレハンドロ・ゴメス

Profile

神尾 光臣

1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。