SPECIAL

「合流して即フルメニューは無理」 リハビリのピリオダイゼーション

2019.06.10

過去のインタビュー記事では明朗な語り口で非常に大きな反響があった、来季オランダ1部に昇格するスパルタ・ロッテルダムで活躍中のフィジオセラピスト相良浩平氏。彼の仕事は多岐にわたるが、メインとなるのはケガ人対応や予防だ。そこでケガの発生から復帰に至るまでのプランニングである「リハビリのピリオダイゼーション」について、欧州サッカーの現場の実例を交えて解説してもらった。

2つのピリオダイゼーションの一体化

── まずリハビリという言葉の定義から教えてください。

「多くの文献では、ケガの定義が『すべての練習に参加できない状態』とされています。あるいは『試合に出られない状態』。そう考えると、ケガから復帰して90分間プレーできるようになるまでのプロセス全体を指してリハビリと言うのかなと」


── では、リハビリのピリオダイゼーションとは何でしょう?

「簡単に言うと、リハビリのプランニングですね。選手がケガをしてから90分間プレーできるようになるまでのプランの仕方です。ただ問題は、メディカルスタッフとテクニカルスタッフの連携です。ここまではメディカルスタッフ、ここからはテクニカルスタッフという分担制ではなく、ケガの最初から試合に90分間出場できる状態まで2つのスタッフが連携して見ていく必要があります。リハビリがチームのトレーニングプロセスと切り離されてしまうと、トレーニングに戻るのがすごく難しくなってしまいます。なので今は、サッカーのピリオダイゼーションの中にリハビリのピリオダイゼーションを組み込むことが求められています」


── 逆に言えばメディカルスタッフにも戦術トレーニングへの理解が求められるということですか?

「フィジオセラピストが戦術トレーニングをどこまで理解すべきかは一概には言えませんが、少なくともコンディショニングトレーニングでは、チームがどういうトレーニングを、どういう負荷でやっているのかがわからないとリハビリのゴール設定ができなくなります」


── その2つが分離していた時はどんな問題が起こっていたんですか?

「チームのトレーニングに合流してすぐにフルメニュー参加を強いられたり、すぐに試合に出られると判断されたりですね。でもそれって実際は無理なので、再受傷する原因になっていました。例えばハムストリングの再受傷が起こるのはトレーニングに復帰してから3週間以内が6割以上というデータがあります。なので、メディカルとテクニカルのコミュニケーションが取れていなかったりすると、あるいはトレーニングに合流してから段階的に負荷を上げていくプランができていないと再受傷しやすくなります」


── リハビリのピリオダイゼーションは、具体的にどういう区分けで運用されているんでしょうか?

「逆から考えていきましょうか。まず最終的に『90分間プレーできる』がゴールだとすると、リハビリの最終段階が『ゲームの出場時間を増やしていくこと』。その前の段階が『チームのトレーニングに合流してフルメニューをこなせる状態』ですね。イコール、サッカーのアクションが起こせる状態になります。その前の段階として、『チームのトレーニングに合流前の状態』があります。この状態だと、サッカーのアクションはトレーニングできないんですね。なぜかというと、サッカーのアクションというのはコミュニケーションを取って状況判断をして、判断を実行すること。要は対戦相手や味方がいない状況の中でのリハビリでは、サッカーのアクションのトレーニングはできない。なので、リハビリからチームの練習に合流する時にいきなりフルメニューは論理的に不可能なんです。

 最初はパスとウォーミングアップだけとか、パス&コントロールの練習だけにして、サッカーの中の複雑性がない状況からやる。要は『サッカーのアクションに必要となるアクションのトレーニングをする期間』です。例えば、プレスというのは、スプリントとストップというアクションに分解できます。僕らは『ベーシックアクション』って呼んでいますけれども、それをトレーニングしていく段階があります。ただベーシックアクションも2つに分けられて、それをピッチ上でやる場合と、ジムの中でやる場合があります。ただ基本的にはジムのトレーニングとピッチ上のトレーニングは並行して進んでいくんですね。昨日までは全部ジムでのトレーニングをやっていたけど、今日からは全部ピッチ上になりますではなくて、ピッチ上のリハビリが始まったけれども、ジムでのリハビリもあるし、同時に筋力を回復させる動きもあります。そして、その前の段階が『ベーシックアクションを行うための動きの改善』ですね。具体的には関節の可動域や安定性であったり、筋力だったりを鍛えます。これがリハビリの初期段階ですね」


── 逆にケガをしたところから始めると、まずドクターに診せに行くところからですか?

「国によって違うかもしれないですけど、ドクターの役割は『画像診断』(MRIやレントゲンなどが必要なケガの診断)と、『手術が必要かどうかの判断』、そして『手術』の3つです。重傷ではないケガの診断にもドクターが関わってくるチームもあると思うんですけど、おそらく多くのチームでドクターは常駐してないので、基本的な診断はフィジオセラピストがやっていると思います。で、復帰までの期間は、もし画像診断をした場合はドクターとフィジオセラピストでその目安を決めていく形になります。画像診断をしない場合は、フィジオセラピストが決めます」


── そこで全治が出た後はまず休みますよね?

「最初の2、3日間は炎症の期間になるので、治るまでは炎症が治るプロセスを促進しながら患部に影響がない範囲でケガをした他の部位のトレーニングを始めていくことになります。例えば膝の靭帯を負傷したとしたら、手術をするかしないかの判断をまずしますよね。手術をしない場合であれば炎症期を終えた後から、まず動きの改善を行います。関節の可動域だったり筋力を向上させていくトレーニングを行い、その後ジムでのベーシックアクションの改善→ピッチ上でのサッカーのアクションを向上させていくリハビリに移行して、チームのトレーニングに合流→試合に出る、という流れになります」


── 次の段階に進む判断はどういう基準でしているのですか?

「最終的には爆発的なアクションを起こさなくてはいけなくなるじゃないですか。それに必要な数値が基準になります。例えばハムストリングが爆発的なアクションに耐えられるような筋力になっているかどうかとか。ピッチ外で100%のスプリントができるところを経て、サッカーの状況の中でコミュニケーション、判断という負荷がある中でも同じことができるのかどうかなどを見ます」


── ケガをした時点で全治が出るじゃないですか。実際問題、段階を移行する基準は経過日数が目安なのでしょうか?

「各ピリオドの目安は負傷部位によって変わってきます。例えば、足首の捻挫だと割とコントロールしやすい。テーピングなどをすれば割と早くその段階をクリアできていくんですけど、肉離れとかになると負荷をちょっとずつ上げていくことが大事になってくるので、そこを慎重にやっていかないとすぐ再発しちゃうんです。あるいは休んでいた期間が長くなる前十字靭帯とかだったら、ウォーミングアップに復帰してから全体練習に合流するまでの時間が長くなってきます。全体的にはよくあるケガだと予想がつくんですけど、あまり見ないケガになると難しかったりします。ケガの併発も予測を難しくしますね」

今季躍進したアヤックスに代表されるオランダサッカーは各分野のトレーニング理論を突き詰めている。相良氏は「サッカーのピリオダイゼーション」で有名なレイモンド・フェルハイエンの日本講習会の講師/通訳も務める

GPS利用はエビデンスがそろいつつある

── 基準となる医学的根拠は当然あると思うんですけど、それはどうやって計測するのでしょう?

「最近はGPSで負荷を測定できます。リハビリに関してもピッチ内ではGPSを使ってリハビリを行うので、具体的な数値を見ることができます。自分のやっているリハビリがチームのトレーニングに対して何%くらいの負荷なのかから逆算して、復帰にどれくらいかかるのかを計算できるようになってきています。負荷というのは徐々に上げていかないと再発してしまうので、どのような段階的な過程をたどるべきかを最近出せるようになってきて。アキュート・クロニック・ワークロード・ラティオという考え方があって、これは過去4週間のチームトレーニングの負荷の平均を出して、それに対して今リハビリ中の選手は1週間に何%の負荷がかけられているかを見ていって、それを100%に近づけていく。毎日数値で出てくるので、それがいきなり上がってたりすると、ケガのリスクが2倍になります、みたいな数字が出てくるんですね。なので、それは1つの要素として見るようにしていますし、具体的な数字があれば監督とのコミュニケーションもやりやすくなります」


── GPSで出せる数字はスプリントの距離?

「そうですね。それが何%くらいになっているかは非常に参考にしやすいですし、高いエビデンスが出てくるので。証明されていることが多いので使いやすいですね」


── それは多くの現場で使われるようになってきたからですか?

「やっぱり一般化されてきたので。いろんなチームが使っているので研究が進んでいるんですね。医療の判断では、とにかくエビデンスが重要なんです。主観的な考えや根拠が明らかでない理論は医療の現場ではあまり通じない。エビデンスは?ってなるんですよ。そう考えると、GPSで1番変わったのはトレーニングやゲームの具体的な数字を出せるようになったこと。サッカーは数字で表せないことが多い中で、GPSを使うことでサッカーを数値で表すことができる部分が出てきたことが使いやすい部分かなと思います」


── GPSはどのクラブも入れているんですかね? 値段は高くないのかなと(笑)。

「値段がどれくらいかはわからないですけれども、プロクラブで入れてないクラブはほとんどないと思います」


── 他に最新のテクノロジーってあるんですか?

「最新のテクノロジーとなると、どうしてもエビデンスが取れないので。多くのチームが使ってないと効果を証明することって難しいんですよね。なので、もちろん新しい考えをトライすることはできるんですけど、こうすれば絶対こうなりますというのは、リハビリの観点から公に言うことはできないですね」


── そうなると、リハビリ分野のイノベーションってどうやって起こるんでしょう?

「例えばUEFAのメディカルチームというのがあって、そこが積極的に論文を出してくれて僕も参考にしています。CLに出るレベルの34チームのデータを収集していて、ケガの予防の調査だったり、トップレベルではどういうケガが起こっているかなどを頻繁に発表してくれています。かなり突っ込んだ内容で、クラブのケガの件数が監督によって変わるということを言っていたり、スタッフ間のコミュニケーションの質がケガのリスクになることを論文の中で出してくれているので参考になるなと。現場の人間としては新しいテクノロジーよりもそういう論文の方が勉強になりますね」

GPSの現場利用は急激に広まっている(写真は17-18シーズンのイングランド3部リーグ、ノーサンプトン・タウン対ウィンブルドン戦)

「ケガの予防」にまつわる最新事情

── 今話に出た「ケガの予防」もフィジオセラピストの仕事ですよね?

「ケガの予防の方向性は2つあって、まず1つはチーム全体のピリオダイゼーションですね。つまり、チーム全体のトレーニング負荷のコントロール。もう1つは、その中で負荷の個別化をすること。インディビジュアルなピリオダイゼーションが2つ目です。全員が同じコンディションであるわけではないですし、ケガの既往歴によってもケガのしやすさは変わります。例えば、ハムストリングのケガだったら長いスプリントが発生するトレーニングで負荷がかかりやすいですし、前十字靭帯だったらカッティング動作、切り返しの動作が大きい負荷になります。ハムストリングの既往歴のある選手は広いスペースでトレーニングをすることが負荷になりますし、反対に前十字靭帯の既往歴がある選手にとってはスペースの狭い中でのプレーが負荷になります。その他にも年齢であったり、GPSでの数値であったりでトレーニングを個別化していきます」


── インディビジュアルなピリオダイゼーションというのは、例えば全体の戦術トレーニングの中で、この選手は4対4を4本やって、この選手は3本ですみたいなコントロールをするんですかね?

「そういうことですね。特にコンディショニングトレーニングの日に、今日は11対11で負荷をかけますよという場合には、この選手はチームが10分のゲームを4本やるんだったら、この選手は2本ですよ、という形ですね。あとそれプラス、傷害予防のトレーニングをウォーミングアップの前に入れています」


── 傷害予防のトレーニングとは何でしょう?

「例えば、ハムストリングだったら、伸長性収縮という伸ばされながら筋力を発揮するノルディックハムストリングというトレーニングがそうです。肉離れもハムストリングか内転筋か大腿四頭筋の3つが大きなものになってくると思うんですけど、その3つに対してはどういうトレーニングが予防になるのかもエビデンスがどんどん出てきていて、その中から信頼性の高いものをやっている感じですね」

https://www.youtube.com/watch?v=ihTUvs997b4
ノルディックハムストリング紹介動画


── それってストレッチとは違うんですよね?

「違います。わかりやすい例で言うと、スプリントの中で足が前に出て地面に着く直前がハムストリングの肉離れが起こりやすいところなんですが、そこの部分の筋力の発揮の仕方を部分的に予防としてトレーニングするとか。あるいは内転筋だったら、カッティング動作か、ボールを蹴るところでの負荷が原因なので、それに対しても伸長性収縮のトレーニング、コペンハーゲンアダクションというのがあるんですけど、内転筋の肉離れってサッカー選手に特有なものなので、それ用に考えられた予防のトレーニングがあったりします」

https://www.youtube.com/watch?v=lBIcQzr-cQs
コペンハーゲンアダクション紹介動画


── 僕らが小さい頃って、みんな一律にストレッチしてトレーニングみたいな感じだったので全然違うなと感じますね。

「その辺は変わってきていますね。外に出てウォーミングアップする前に足首予防のプログラムをやる選手と、ハムストリング予防のプログラムをやる選手と、前十字靭帯予防のプログラムをやる選手というような形でどんどん分かれていって、ウォーミングアップの前ってまさにバラバラにトレーニングしている状態で、そこからチームのトレーニングに入っていく形です」


── 相良さんは今後リハビリという分野がどういう方向に進んでいくと思いますか?

「リバビリもそうですし、ケガの予防もそうですが、何が大事かと言ったらコミュニケーションなんですね。だからメディカルスタッフとテクニカルスタッフが持っているプロセスのイメージが異なると、リハビリ自体がうまくいかなくなります。そこの隙間をどれだけ埋められるのかが1番大事になってくるかなと」


── メディカルスタッフはクラブでずっと働いている人が多くて、テクニカルスタッフは監督と一緒に移動してくることが多いですよね。その中でスタッフ間のやり方を一致させるのは難しい面がありますよね。

「本当にその通りなんですよね。僕が思っているのは、これから監督が変わるたびにメディカルスタッフやフィジカルスタッフのやり方がガラリと変わってしまうと、スタッフ間のビジョンが発展していきづらいんです。それがちゃんと発展できる形をクラブで作っていくことが必要だなと思います」


── 過去のフットボリスタで「総力戦となった現代サッカー」という特集をしたんですが、リハビリに関してもクラブがメソッドを決めるべきですね。

「監督やテクニカルスタッフに関しては、チームのやり方に合った監督を連れてくるようになったというか、それができているクラブが増えています。それと同じようにクラブのビジョンとして、フィジカル面やメディカル面はこうという基準をクラブとして作っておくことは、これからすごくメリットのあることだと感じますね」


── 監督のトレーニング理論とメディカルの方法論を一致させなきゃいけなくなってくるってことは、難しさでもありますよね。逆説的な話になりますが、昔はそこが分離していたから理論的に共通でなくても破綻しなかったわけじゃないですか。ただ、そこを一気通貫でやるとなると考えが同じでないと危険ですよね。

「それは本当に難しいところなんですね。従来からの流れでいくと、辻褄が合わなくなってくる部分は出てくる。それは何かと言うと、段階的に負荷を上げていかないと再受傷しやすいとなった時に、戦術とはまったく関係ないところでの話として、今までケガをして6週間試合に出ていなかった選手が初めて出た試合で90分間出るのはリスクが高くなるわけです。メディカルとかフィジカルは最新のエビデンスに沿って意見を出しますが、そこに納得してもらえるかどうか。そこで監督の意見としては、『いや昔はそうだったから』というのになりがちです。でもそれって昔のことで、僕らは過去何十年の論文をもとにして数字を出していますからね」


── 結局、その監督の色を出す以前の話じゃないですか。サッカーのピリオダイゼーションにリハビリも含めるとか、メディカルスタッフの最新のエビデンスでの理論に対して理解を示すというのはこれからの監督に求められる最低限のベースなんでしょうね。

「そうなってくるなと思います。そもそもサッカーの強度が上がってきていて、その傾向はこれからも続きます。メディカルやフィジカルはそこから逆算して考えていくことになるので、当然過去の経験則とは答えが違ってくるわけです。いかに早く試合に復帰させるかも重要なんですが、シーズントータルでどれだけ多くの試合に出場させられるかは、それ以上に重視すべきことのはずです。シーズンの最初にケガをした選手をできるだけ早く復帰させようとして再受傷して、結果的にシーズン中に出場できる試合の数が減ってしまうっていうのは本末転倒なので。その前提がある中で、より早く復帰させるかどうかを考えていく。そういう意見の擦り合わせは非常に大事だなと」


── 逆に言うと、他の選手がケガをしちゃって、もうコイツしかいないと。そういうピッチ上の現実がある中で、そこにメディカルスタッフも合わせていかなければいけない部分もあるのかなと。

「結局こっちとしては、事実を伝えることに専念するしかないです。この報告は難しいです。どうしても選手のことを考えて、選手はこう思っているからとか、選手がこう感じているからとかが頭の中にどんどん入ってきちゃうので。ただ選手や監督の気持ちを考え出しちゃうと駄目です。基本的にケガのコミュニケーションをする時は、客観的な事実だけを伝える。そうじゃないとミスコミュニケーションが生まれてきます。あとピッチ上の現実として難しいのは出場時間ですね。目安としては6カ月間試合に出ていない選手なので30分ですとなった時に、30分経ちました、じゃあ交代しましょう、というのは現実的ではない。そこで大切なのはリスクを伝えることです。30分というのは感覚的に言っているわけではなくて、過去のエビデンスによって導かれた確率としてこういうリスクがあると。なので、『30分しか出さないでください』と言うのではなくて、『30分以上出るとこういう可能性が出る確率がこれくらいありますよ』と伝えます」


── あとはそれを監督がどう判断するかって話ですよね。

「そうです。『わかった、でもしょうがないので90分出す』と言われたら、監督がそれだけのリスクを取ったということがお互いの共通の認識になるので。そうしたコミュニケーションを綿密に取ることが最終的には最大のケガの予防になると思います」

Kohei SAGARA
相良浩平
(スパルタ・ロッテルダム|フィジオセラピスト)

1980年4月3日生まれ。筑波大学卒業後、2003年に渡蘭。2004年からFCユトレヒトの育成で5年間トレーナーとして働く。2010年からオランダ3部リーグでピリオダイゼーションスペシャリストとしての活動を始める。2015年から当時2部のスパルタ・ロッテルダムのフィジオセラピストに就任し、15-16シーズンの2部優勝に貢献。トップチームのリハビリとストレングストレーニングを担当している。World Football Academy(WFA)主催サッカーのピリオダイゼーションセミナー、ベーシックコース講師。

Edition: Baku Horimoto
Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

相良浩平

Profile

浅野 賀一

1980年、北海道釧路市生まれ。3年半のサラリーマン生活を経て、2005年からフリーランス活動を開始。2006年10月から海外サッカー専門誌『footballista』の創刊メンバーとして加わり、2015年8月から編集長を務める。西部謙司氏との共著に『戦術に関してはこの本が最高峰』(東邦出版)がある。