SPECIAL

バルセロナ、売上高記録更新の裏で見え隠れする財政危機の兆候

2019.05.31

史上最高額でパリSGへ旅立ったネイマールの移籍金により、2017-18シーズンの売上高でクラブレコードを更新したバルセロナ。昨季はピッチ内でも2冠を達成しておりマネージメントの成果、と言いたいところだが、巧妙なカラクリによって隠された実態があった。

 冬の移籍市場でのフレンキー・デ・ヨンクとケビン・プリンス・ボアテンク獲得は、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長下の今のバルセロナを象徴しているように見える。1つはかつてのレアル・マドリーのように大型補強を魅力増に結び付けるやり方、もう1つはクラブカルチャーからの脱却である。

 2017年夏にネイマールを強奪されたことで、何かのタガが外れた。巨額の移籍金を手にしたフロントはウスマン・デンベレ(1億2000万ユーロ)や翌冬のコウチーニョ(1億3500万ユーロ)などに史上最高額の3億6000万ユーロを費やす。昨年夏は比較的大人しかったが、今度は来季からの加入となるF.デ・ヨンクに7500万ユーロである。

 ネイマールの移籍金2億2200万ユーロが計上されたおかげで、2017-18シーズンの総収入は前年比29%増、史上最高の9億1400万ユーロを記録した。景気の良いことばかりだが、その裏で財政的危機を表す指標が2つある。

 1つは年俸の高騰。ネイマールが去ったにもかかわらず2017-18のトップチームの年俸は約1.5倍になり、2015-16の売上高全体を上回るとんでもない額になった。前述の史上最高の売上高をもってしてもこの年俸インフレは吸収し切れず、サッカー以外のセクションも含むスポーツ選手全体の年俸が売上高に占める割合は70%に高騰した。健全経営の目安が55%だから、これは明らかに危険水域。前年の反省から今季は年俸の7%減を目標としていたが、イニエスタ、パウリーニョ、アンドレ・ゴメスらの放出で果たして達成できたのだろうか?

 2つ目は膨れ上がる負債。クラブがソシオ総会に提出した決算書によると、その額は1億5700万ユーロ。これでも凄い額だが実際はこの3倍以上ある、と言われている。負債の計算方法はいくつかあるのだが、クラブは伝統的に採用していた方法を止め、基準の緩いプロリーグ協会(LFP)方式を採用、見かけ上の圧縮を図ったうえでこの額なのだ。1年前、バルトメウ会長自身が負債額を2億4700万ユーロと認めていた。それが今、実際のところはどうなっているのか。

 クラブ規約には、負債額の上限を超えれば会長以下、執行部が辞任しなければならない、と定められている。このペナルティを恐れ、規約に負債額の計算方法が規定されていないのをいいことに、一種の粉飾が行われたのだった。

2014年1月からバルセロナの会長を務めるジョセップ・マリア・バルトメウ。左はカタルーニャ州首相のキム・トーラ氏

失われる“バルセロナたるもの”

 お金の話からスポーツ面に話題を移せば、F.デ・ヨンクの獲得の裏でデニス・スアレスをアーセナルへレンタル。K.P.ボアテンクが来る直前にはムニルが放出されたし、ネイマールの代役になるはずだったジェラール・デウロフェウも1年後に売却済みである。鳴り物入りでやって来る新戦力に追い出される格好で、下部組織育ちの選手がクラブを後にする例が続いている。カンテラーノがトップチームに定着したのは2013-14にトップ昇格したセルジ・ロベルトが最後。地元で愛されプレースタイルを受け継いだ下部組織出身者をベースにロマーリオ、ミカエル・ラウドルップ、ロナウジーニョら世界的なアタッカーを連れて来て、コンペティティブでしかもコストを抑えたチームを作る、というモデルは、特にバルトメウ会長の代になってないがしろにされているように思える。補強選手の人選という点でもパワー系のパウリーニョ、アルトゥーロ・ビダル、K.P.ボアテンクは、例えばクライフの好みからは外れるものだ。

今のバルセロナを象徴する補強と言われるK.P.ボアテンク。結局、加入後半年間の出場数はわずか4試合にとどまった

 折しも、カンプノウからの客離れが続いている。テロと独立による政情不安定で観光客が減少した影響で、昨季の平均観客数は 約 6万8500人。前年比9000人減と落ち込んだ。今季は約7万5200人(収容率76%)と回復したものの、過去最高だった2015-16の7万7900人には及ばず、期待したほどではない。

 是が非でもCLを獲りたい、という執行部の願いは伝わってくるが、その代償にバルセロナをバルセロナたるものにしてきた大事なものを失うのでは、損な取引のように思うが……。

Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バルセロナビジネス移籍

Profile

木村 浩嗣

編集者を経て94年にスペインへ。98年、99年と同国サッカー連盟の監督ライセンスを取得し少年チームを指導。06年の創刊時から務めた『footballista』編集長を15年7月に辞し、フリーに。17年にユース指導を休止する一方、映画関連の執筆に進出。グアルディオラ、イエロ、リージョ、パコ・へメス、ブトラゲーニョ、メンディリバル、セティエン、アベラルド、マルセリーノ、モンチ、エウセビオら一家言ある人へインタビュー経験多数。