SPECIAL

ヴィッセル神戸に加入した元神童、ボージャンがぶつかった壁の正体

2021.08.31

この夏、武藤嘉紀や大迫勇也と大物の獲得が続くヴィッセル神戸に、もう一人注目すべき新加入選手がやって来た。ボージャン・クルキッチ。バルセロナの下部組織で「メッシの後継者」と期待された逸材がぶつかった壁の正体、そして新天地での活躍を展望する。

 バルセロナが誇る育成組織として知られるラ・マシアにおいて、900ゴール以上を記録した生粋のストライカー。ボージャン・クルキッチは、間違いなくラ・マシアの歴史の中でも随一の逸材だった。9歳の時、憧れたバルセロナのユニフォームに袖を通すと、そのスピードと狭いスペースでのボールコントロールでゴールを量産。トップチームのデビューはリオネル・メッシとの交代であり、バルセロナ期待の若手がアルゼンチン代表で活躍するエースとも比較されるようになっていくのは必然だった。

抱え続けた「見えない病」

 2018年、『ガーディアン』紙のインタビューでボージャンは当時の心境を次のように吐露している。

 「17歳の頃、僕の人生は一変してしまいました。6月にU-17W杯に出場した時、誰も僕のことを知っている人はいませんでした。帰ってきたら、道を歩くこともできないくらい有名になっていたんです。オサスナとのゲームでデビューし、3~4日後にはチャンピオンズリーグでプレー。ビジャレアル戦でゴールを決め、そしてスペイン代表に招集されることになりました」……

残り:3,014文字/全文:3,600文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ボージャン・クルキッチ

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。