SPECIAL

パリ・サンジェルマンがeスポーツのアカデミーを開校!クラブがプロゲーマーも育成する時代へ

2020.12.22

全世界的に注目度、競技人口が拡大中の「eスポーツ」(エレクトロニック・スポーツ)。その波はサッカー界にも押し寄せていて、欧州のトップクラブも続々とeスポーツ部門を開設している。フランスにおけるパイオニアが、2016年10月に同部門を立ち上げたパリ・サンジェルマンだ。そして先進的な取り組みで注目される彼らは今回、精鋭コーチ陣からオンラインでeスポーツのレッスンを受けられるという新たな試みをスタート。その『Paris Saint-Germain Academy Esports』の責任者を取材した。

サッカー部門とノウハウを共有

 パリ・サンジェルマン(PSG)が12月、eスポーツのアカデミー『Paris Saint-Germain Academy Esports』を開校した。

 PSGがeスポーツに力を入れていることは以前にもお伝えしたが、そのプレーヤーの「育成」まで手がけるというのはまた革新的だ。

 「PSGはハイパフォーマンスを目指すマルチスポーツ団体であり、プロ部門だけでなく、育成部門と合わせて成り立っています。そしてそれは、PSGのすべての部門に共通する基本理念です。なので、男女サッカー、ハンドボール、柔道に続いて今回、eスポーツでもアカデミーを開校したことは、クラブ理念にのっとった流れの一環というわけです」……

残り:3,151文字/全文:3,703文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

eスポーツパリ・サンジェルマン

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。