REGULAR

現役指導者自ら明かす、北欧の強豪ユースの育成事情

2020.06.14

TACTICAL TALK~進化型サッカー対談~

雑誌フットボリスタの連載「TACTICAL FRONTIER」でサッカーの“戦術革命”について論じている結城康平が、SNS等を通じて交流を持っている気鋭の指導者やアナリストらを招き対談。今この瞬間にもアップデートされている最先端理論から旬なトピックまで、現場レベルの“最前線”を聞き出す。

第2回の対談者は、 デンマークの強豪FCミッティランのU-19チームを率いるヘンリク・イェンセン(@Henrik110)。35歳の若さで国内屈指のユースを率いる先進的な指導者に、最先端の育成を語ってもらった。

指導者としての経歴

結城「最初に、日本の読者に自己紹介をお願いしても宜しいでしょうか?」

イェンセン「ヘンリク・イェンセン、35歳です。2004年に指導者としてのキャリアをスタートし、デンマークとスウェーデンのクラブで働きました。私のコーチングスタイルは率直なコミュニケーションとフィードバックを重視しており、選手や周囲のスタッフとの積極的なコミュニケーションが得意です」

結城「スウェーデンで働くことになった理由を教えていただけますか?」

イェンセン「もともとは母国のデンマークで指導者をスタートして、スウェーデンでは2年間在住しました。スウェーデンで仕事をすることになったのは、プライベートな理由からでした。実は私の彼女であるヤンニ・アーンスがサッカーのデンマーク代表として活躍しており、当時はスウェーデンのクラブに在籍していたんです。そういった理由からスウェーデンに移り、IFKノルシェーピンのU-17チームとリンシェーピングFCで指導者を務めました。 リンシェーピングFCは女子チームですが、スウェーデン国内では常に優勝候補となる強豪です」……

残り:4,723文字/全文:5,461文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。