SPECIAL

夢を葬る時がきた。 シャルケの終わりと、そして始まり

2020.10.05

第2節後に踏み切った監督交代の甲斐もなく3連敗、3戦で15失点と惨憺たる状況のシャルケ。2シーズン前にはCLに出場していた強豪は今、大きな岐路を迎えている。シャルケの“ビッグクラブ”時代の終焉――その背景に迫る。

 この1年間に、これほど急転直下したクラブはブンデスリーガにない。昨年夏、シャルケファンはCL復帰を夢見ていた。デイビッド・バーグナー新監督と新SDヨッヘン・シュナイダーの下で、再び安定性と継続性を得る……はずだった。

 ところが1年後の今、彼らは瓦礫の山の前に立っている。昨シーズンの後半戦にチームは崩壊。コロナ禍で財政問題が表面化し、状況は緊迫している。加えて、長年会長だったクレメンス・トゥニエスが、クラブのイメージに大きな傷をつけてしまったのである。

トゥニエス、去る

……

残り:1,709文字/全文:2,057文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

1/31まで

footbalista 特製 2023カレンダー プレゼントキャンペーン実施中

TAG

シャルケビジネス

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。