SPECIAL

複雑で微妙な問題。UEFAが虹色のイルミネーションを禁止した理由とは?

2021.06.26

ミュンヘンで行われたドイツvsハンガリー戦で、スタジアムに虹色のイルミネーションを施す案がミュンヘン市から出されたが、UEFAはそれを却下した。「UEFAが虹色のメッセージを否定している」と誤解されることもあるが、却下した理由は別のところにある。

 UEFAがスタジアムに虹色のイルミネーションを施すことを禁止したと話題になっている。虹色がレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT) の尊厳の象徴だけに、一見複雑で微妙な問題で、賛否両論はあるだろうが、UEFAの理屈としては非常にシンプルだ。整理してみよう。

メッセージ自体は肯定だが…

 6月21日、ミュンヘン市長がドイツvsハンガリーの開催地であるフースバル・アレーナ・ミュンヘンを虹色にイルミネーションすることをUEFAに提案した。翌22日、UEFAはそれを却下した。理由は「この提案は政治的な文脈――ハンガリー国会で下された決定に対するメッセージ――で出されたもの」だったからだ(UEFAの公式声明のスペイン語から木村訳)。

 ここで注意しなければならないのは、UEFAは虹色に込められたメッセージ自体を否定しているわけではないこと。むしろ逆だ。……

残り:1,939文字/全文:2,444文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

カヌーテセビージャマヌエル・ノイアー

Profile

木村 浩嗣

編集者を経て94年にスペインへ。98年、99年と同国サッカー連盟の監督ライセンスを取得し少年チームを指導。06年の創刊時から務めた『footballista』編集長を15年7月に辞し、フリーに。17年にユース指導を休止する一方、映画関連の執筆に進出。グアルディオラ、イエロ、リージョ、パコ・へメス、ブトラゲーニョ、メンディリバル、セティエン、アベラルド、マルセリーノ、モンチ、エウセビオら一家言ある人へインタビュー経験多数。