SPECIAL

Happy New Year Arsenal 2021!(変態都市伝説系グーナーの妄想)

2021.01.14

リーグ14戦8敗の大不振から一転、今季初の3連勝。1月9日のFAカップ3回戦にも勝って、なんだかんだで良い年末年始を過ごしたのがアーセナルである。なぜ彼らは復活したのか? そしてこの先も期待していいのか? ファンにはおなじみ、さる☆グーナーさんに2021年早々、いろいろ妄想してもらった。

 「明けまして、おめでとうございます!」

 これは、いにしえより伝わる年明けオープニングを祝う定型文だが、このありきたりの言葉が身に染み過ぎて、心が震えるほどテンション爆上げしたサポーターは、宇宙広しといえども、アーセナルサポだけではないか?

 新春2日に行われたプレミアリーグ第17節ウェストブロミッチ戦を完勝(0-4)、新年を見事なスタートダッシュで飾ったアーセナルである。他のサポーターのみなさんからしてみれば「はいはい、めでたいめでたい」ってなもんだろう。だがグーナーにとって、降格圏クラブ相手のこの一勝は、何ものにも代えがたい、空前絶後超絶怒涛の一勝なのである。それはなぜか?

アルテタの帰還と山あり谷ありの1

 今からちょうど1年ほど前(正確には1年と1カ月)、成績不振を理由に解任されたウナイ・エメリ(現ビジャレアル監督)の後任としてクラブOBであるミケル・アルテタが帰還、元キャプテンとともにアーセナルは新たな船出を迎えた。……

残り:6,126文字/全文:6,681文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年5月号 Issue090

Jクラブにも浸透しつつある今、改めて考える「ポジショナルプレー」とは何か 【特集】5レーン型、ローテーション型、密集型、アジア型……ポジショナルプレーを体系化する

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アーセナル

Profile

さる☆グーナー

ノースロンドン在住、アーセナルのせいで帰国できなくなった非国民。アーセナル出家信者。ダイエットにも役立つかもしれない8割妄想2割ガセのエアブログほぼ毎日更新中『Arsenal 猿のプレミアライフ』♪底辺ユーチューバーもやってるよ!『Arsenalさるチャンネル』。