REGULAR

風間メソッド 13 子どもは大人のおもちゃじゃない

2020.07.13

【無料】『30秒で子どもの未来は変わる!
勝手に才能が伸びる風間式育成メソッド』全文公開#13

「伸ばすプロフェッショナル」風間八宏監督が、親・指導者・子ども、それぞれの立場からのよくある悩みに質疑応答形式で答え、育成の“誤解”を解いていく書籍『30秒で子どもの未来は変わる! 勝手に才能が伸びる風間式育成メソッド』を、1話ごとに全文公開! 「サッカーは教えてもうまくならない」「誰よりも自分に期待すればいい」「本気にさせるのがいちばんの上達法」など、本質を突く風間監督ならではのユニークなメッセージの数々を、ぜひ受け取ってほしい。

今すぐ全編を読みたい方は↓

質問者:子どもに戦術を教えていいか悩むコーチ

指導者「私はジュニア世代の指導をしているんですが、『子どもたちにどこまで戦術を教えるべきなのか』ということで悩んでいます」


風間「ちょっと聞きたいんですが、“戦術”っていうのは何だと思いますか?」


指導者「え? 戦術ですか……。ポジションだったり、システムだったり、動き方だったり……」


風間「“戦術”と言うと、多くの指導者が選手を将棋のコマのように考えてしまう。戦術ボードに選手を配置して、ここを攻めようとか、こういう動きをしようとか、そんなことばかり言っている。将棋には歩、飛車、王などの役割があります。でも、選手というのは必ずしも役割には当てはまらないし、サッカーで同じように、選手をチームの戦術に当てはめてしまうのは危険なことです」


指導者「子どもには戦術は教えない方がいいということでしょうか?」


風間「戦術という言葉をどうとらえるか。サッカーで戦術と言えば、チーム、グループ、個人という単位がある。その中で一番大事なのは何かと言うと、個人の戦術なんです。個人が集まってチームになっていくわけですから、個人が上手くならなきゃいけない」


指導者「個人の戦術というのは、どういうことですか?」


風間「まず技術を教えなければいけない。ボールをどうやって止めるのか、どこに止めるのか。どこに狙って蹴るのか、狙ったところに蹴るにはどうするのか。止める・蹴るというのはみんな基礎、基礎と言うんだけれども、そうじゃない。技術も戦術なんです」


指導者「技術も戦術……」


風間「そう。技術が上がってくれば、その選手も見えるものが変わってくる。今までは出せなかったパスコースが狙えるようになるし、相手との距離が近くてもプレーできるようになる。そういうのが積み重なって戦術になっていく。それから、動きも教えなければいけない。どこに、どうやって動けば、フリーになるのか。紙の上だと、相手の選手が動けばここにスペースができるとかやっているけど、本当にそうなのか。相手が1メートル横にいたってスペースはできるんです。そのスペースを見つけるためにも、そこにパスを通すためにも、個人の戦術がなければいけない。それを飛ばしてチームの戦術というのは、本当はあり得ない話なんです」


指導者「では、個人の戦術をどうやって教えていけばいいのでしょうか?」


風間「一番大事なのは、その子どもをよく見ることです。何ができているのか、どんなプレーが得意なのかを、しっかりと観察する。そこから、どうやってアプローチするかを決めていく。例えば止める・蹴る・運ぶ・外すって言ったって、どういう技術なのかをわかっていないと見ることができない。全員に同じメニューをやらせたとしても、全員が同じペースでうまくなるわけじゃない。声のかけ方だって変わってくる」


指導者「子どもと向き合えということでしょうか?」


風間「そうです。人に何かを教えるっていうのは、ものすごく大変なことで、ものすごく難しいことで、ものすごく責任があること。それなのに、みんな簡単に教えられると思っている。この戦術をやれば、必ず強くなるとか、そんなのあるはずがないんです」


指導者「風間さんでも教えるのは難しいと思ってるなんて……」


風間「子どもを大人のおもちゃにしちゃいけない。子どもをしっかり見ていれば、何をすべきかというのは、おのずと見えてくるはずです。チームでやることをかっちりと決めてしまった方が、もしかしたら目の前の試合には勝てるかもしれない。だけど、子どもを教える人間というのは、試合に勝ったか負けたかで一喜一憂していてはダメなんです」

まとめ

・選手を将棋のコマのように扱わない
・チームの戦術の前に個人の戦術
・とにかく子どもをよく見る

30秒で子どもの未来は変わる! 勝手に才能が伸びる風間式育成メソッド

Illustration: Miyuki Demura

プレミア会員になって
もっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

Profile

北 健一郎

1982年7月6日生まれ。北海道旭川市出身。『ストライカーDX』編集部を経て2009年からフリーランスに。サッカー・フットサルを中心としてマルチに活動する。主な著書に『なぜボランチはムダなパスを出すのか』『サッカーはミスが9割』。これまでに執筆・構成を担当した本は40冊以上、累計部数は70万部を超える。サッカーW杯は2010年の南アフリカ大会から3大会連続取材中。2020年に新たなスポーツメディア『WHITE BOARD』を立ち上げる。