REGULAR

「神童」ウーデゴールのラストパス。現代サッカーを攻略する必殺技とは?

2020.05.01

林陵平のマニアック技術論 Vol.7

Martin Ødegaard
マルティン・ウーデゴール
(レアル・ソシエダ)
1998.12.17(21歳) 178cm / 68kg MF Norway

海外の有名どころからマイナー選手まで幅広く網羅したゴールセレブレーションで話題になった林陵平は、自他ともに認める「JリーガーNo.1の海外サッカーマニア」だ。そんな彼が“今見ておくべき選手”のスキルを徹底解剖。今回は16歳でレアル・マドリーに移籍し、今季レアル・ソシエダで大ブレイク中の「進化した神童」マルティン・ウーデゴールの「ラストパス」を解説する。

 今回紹介するウーデゴールを知ったのは、16歳でレアル・マドリーに移籍して大きな話題になった時ですね。「すごい選手がいるな」と。レアルでも2015年に16歳というクラブ史上最年少デビューを果たしたんですが、その後オランダのヘーレンフェーンやフィテッセにレンタルで出されて、「よくある神童の1人として消えちゃったのかな」と感じていました。ヘーレンフェーンでは試合には出ていましたが、結果は出せませんでしたね。ただ、フィテッセでレギュラーとして結果を出して、昨季から移籍したレアル・ソシエダで完全にブレイクしました。今のソシエダではトップ下の「王様」ですね。......

残り:3056文字/全文:3595文字
この記事は会員のみお読みいただけます

10日間無料お試しはこちら

Profile

浅野 賀一

1980年、北海道釧路市生まれ。3年半のサラリーマン生活を経て、2005年からフリーランス活動を開始。2006年10月から海外サッカー専門誌『footballista』の創刊メンバーとして加わり、2015年8月から編集長を務める。西部謙司氏との共著に『戦術に関してはこの本が最高峰』(東邦出版)がある。