REGULAR

「5-0!」

2020.04.30

コロンビア1989 PARTE 5

無法の法

 ファウスティーノ・アスプリージャの電話が鳴った。

 「チラベルトを殺すけど、いいよな?」

 「え、なんだって!?」

 「チラベルトを殺す」

 「なっ……いいわけねーだろ!!」

 電話をかけてきたのは麻薬組織に属する男で、アスプリージャとは顔見知りだ。コロンビアはフランスワールドカップ南米予選でパラグアイと対戦、アスプリージャはパラグアイのホセ・ルイス・チラベルトと乱闘騒ぎを起こして2人とも退場になっていた。電話の男はどうやらチラベルトが許せないらしい。

 「ふざけるな、絶対にダメだ。いいか、絶対ダメ! そんなことしたら全部ぶち壊しだぞ。フットボールのことはフィールドがすべてなんだ。そこで終わりだ。外へ持ち出すな」

 アスプリージャは必死に説得した。

 「誰がやってくれと言った? 俺は頼んでないぞ。俺のためなら絶対やるな」

 電話の男は、これでもいちおう仁義は通している。すでにパブロ・エスコバルはこの世にいなかったが、その流儀は多少なりともまだ残っていたわけだ。エスコバルがコロンビアの裏社会を牛耳っていたころ、殺人には許可が必要だった。法律違反の限りを尽くしていた連中だが、国家が定めた法律とは別の法が存在している。エスコバルが許可した殺人は彼らの間では合法だったが、許可のない殺人は厳しく処罰されていた。……

残り:6,568文字/全文:7,126文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。