REGULAR

「それぞれのルール」

2020.04.05

コロンビア1989 PARTE 3

 20世紀最大級の大悪党、パブロ・エスコバルの最初の犯罪は墓石泥棒だった。

 メデジン近郊に生まれたエスコバルは家族想いの少年だったそうだ。生活は極貧だったが愛のない家庭に育ったわけではない。ゴミ溜めのような貧民街は雨が降れば外よりびしょ濡れになるようなあばら屋ばかりだったが、貧しい者同士で助け合いながら暮らしていた。そうでなければ生活できないということもある。

 高校生の時に仲間と墓場から墓石を運び出し、掘られた文字を削り落とし表面を磨き上げて業者に売った。コストはほとんどかかっていないので売値はそっくり儲けになる。首謀者のエスコバルは手にした金をきっちり平等に分配した。

 「パブロ、こんなことしてバチが当たらねえか?」

 「バチ?」

 「神様から罰が下るんじゃないかということさ」

 エスコバルは、神様を恐れる仲間に諭すように答えた。

 「よーく見ろ、これは何だ? 石だよな。俺たちが盗み出したのはただの石であって神ではない。だろ?」

 ただ、墓石は運び出すのがそれなりに大変で、文字をきれいに消し去るのも時間がかかった。そこで、エスコバルは墓石から自転車泥棒に矛先を変えた。墓石よりバチは当たらなさそうである。さらに自動車を盗んで転売する方が楽に稼げると気づいて自動車泥棒となった。やがて、エスコバルは最も効率良く稼げる商材を見つける。コカインだ。……

残り:5,251文字/全文:5,829文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。