REGULAR

川崎の強みを元指揮官が解説。大島僚太の技術と小林悠の動きの質

2021.01.18

風間八宏の真・ユニット論  第9回

「ボールをトラップしたのに“止まっていない”」「止める、外すの目をそろえる」など独自の技術論を突き詰めた指導者として、日本で唯一無二の存在となっている風間八宏。彼の技術論は個人で完結しているわけではなく、人と人の意思の疎通や駆け引きがベースになっている。個人の技術解説でもなく、チームの戦術解説でもない、数人の集団で構成されるユニットの動きは、サッカー解説の盲点になっているのではないか――名手たちの隠れた凄みを、“局面を切り取る達人”が斬る!

第9回は、明治安田生命J1リーグ史上最強との呼び声高い2020シーズンの川崎フロンターレから、大島僚太&小林悠のユニットに迫る。風間氏の教え子でもある2人が示す“川崎サッカー”の凄みとは何か。

Pick up MATCH
2020.08.26
Vissel Kobe 2-2 Kawasaki Frontale|24|J1 LEAGUE
23′ Ryota Oshima

2020シーズンのJ1第24節神戸戦、ペナルティエリア手前でボールを受け直した大島は、対面のDFを一人かわして右足を一閃。左サイドネットに先制弾を蹴り込んだ(1:08~)

「決定」と「変更」の連続、そして大島僚太に“場所”はいらない

……

残り:4,348文字/全文:4,897文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年3月号 Issue083

変化を牽引するドイツの今。商業化の功罪、育成大国の模索、CL王者の戦術 【特 集】 ブンデスリーガの光と影。 変革期のドイツサッカー界で何が起きているのか

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

竹中 玲央奈

“現場主義”を貫く1989年生まれのロンドン世代。大学在学時に風間八宏率いる筑波大学に魅せられ取材活動を開始。2012年から2016年までサッカー専門誌『エル・ゴラッソ 』で湘南と川崎Fを担当し、以後は大学サッカーを中心に中学、高校、女子と幅広い現場に足を運ぶ。㈱Link Sports スポーツデジタルマーケティング部部長。複数の自社メディアや外部スポーツコンテンツ・広告の制作にも携わる。愛するクラブはヴェルダー・ブレーメン。