NEWS

リーグ1開幕、だがネイマール不在。PSGは快勝も、移籍は秒読みか

2019.08.13

ネイマール抜きでPSGが開幕戦快勝

 リーグ1が開幕した。

 ディフェンディング・チャンピオンのパリ・サンジェルマンは、本拠地パルク・デ・プランスでニームに3-0で勝利を収めたが、この試合のチームシートにネイマールの名前はなかった。

 試合前日の10日(土)に、スポーツ・ダイレクターのレオナルドが口を開いたのだが、彼の発言には、去就がはっきりするまで、ネイマールを試合には出さない、というようなニュアンスがあった。

 「ネイマールの件については現在話し合いが進んでいる。その結果がはっきりするまで、様子を見るつもりだ。全員がこれからの去就をはっきりさせる必要がある。しかし我々にとって重要なのは試合で、しっかり集中して臨む必要がある。ただ、話し合いが進んでいること、すなわち(移籍の)合意に至ったという意味ではない。ともあれ、はっきりさせる必要はある。残るなら試合に出るし、もしくは去るかだ」

 ニーム戦では、エディンソン・カバーニ、キリアン・ムバッペ、そしてアンヘル・ディ・マリアの攻撃トリオがそろって得点した。

 カバーニの先制点は、相手のハンドで得たPKを決めたもの、そして2点目は、カバーニのパスをムバッペがネットに突き刺し、3点目はムバッペが流した横パスを、途中出場のディ・マリアがゴールと、攻撃陣による見事なリレー式得点だった。

 ゴール裏のPSGサポーターは、『NEYMAR CASSE TOI』(ネイマール、失せろ)という横断幕を掲げていたが、実際に試合は、ネイマール以外の攻撃陣がきっちり得点を取って、「お呼びでない」展開となったのだった。

指揮官はネイマールとムバッペの「共存がベスト」

長期化するネイマール移籍問題。トゥヘルは残留を願うが……

 トーマス・トゥヘル監督は試合後の会見でこう語った。

 「彼はまだ我々の選手、私の選手だ。そして私は自分の選手を常に守る。彼の言動を快く思わない人がいるのは理解できるが、彼の心情をしっかり伝えることが必要だ。

 ネイマールには、彼にしかできないやり方で突破口を見つける術がある。その動きや加速でスペースを作り出し、一対一にも強い。今日の試合でも、特に前半戦はそういった部分が少し欠けていた。ネイマールの持つクオリティは、かけがえのないものだ。なんとかして解決策を見出したい」

 またムバッペが彼の穴を埋められるのでは? という問いには、「2人が共存するのがベスト」と答えた。昨シーズンから一貫してネイマールをサポートしている彼らしい、誠実なコメントだ。

 そんな監督の意思とは裏腹に、ネイマールは不要、と思っている人は多い。この試合に右ウィングで先発した新加入のスペイン人MFパブロ・サラビアも、精度の高いCKを披露するなど、アシスト役として今後活躍しそうな好感触だった。

 ともあれ、これまでは交渉があることも否定していたレオナルドが、現在は具体的な話し合いがあることは認めた。ここまでサポーターの感情がアンチ・ネイマールに傾いていたらなおさら、クラブは条件次第で放出の方向に動くだろうから、ネイマールのPSG退団はついに秒読み段階に入ったということか。

 カタールのお偉方にしてみれば、せっかく手に入れた念願の世界的スターだったのに、思惑違いの結末となってしまった、という感じだろう。

 個人的にも、彼はこれまでリーグ1では見たことがなかったタイプの、独特の、傑出したプレーを見せてくれたから、それが見られなくなるのは残念だが、彼自身が充実した思いでプレーできる場所を見つけて欲しいと願う……。


Photos: Getty Images

TAG

PSGネイマール戦術移籍

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。