NEWS

昇格したシーズンで上位争い。リーグ1に明るい話題をもたらすランス

2021.05.05

 今シーズンのリーグ1で、思わずみんなが応援したくなるような明るい話題を提供しているのが、フランス北部のクラブ、RCランスだ。

 ランスは、6シーズンぶりにリーグ1に復帰した昇格組。その彼らが、開幕後の2試合目でパリ・サンジェルマンから1-0で勝利を奪い、ビギナーズラックかと思いきや、その後も安定した成績をキープ。1月末の第22節から、先週末の第35節でPSGに敗れるまで、13試合連続無敗を継続した。

 今季終了まで3試合を残した現時点で、来季の欧州カンファレンスリーグのプレーオフ出場権が得られる5位につけている。

 その13戦の間には、マルセイユやリヨン、レンヌといった上位勢とも引き分けて、しっかり勝ち点をゲットしている。

堂々としたプレーぶりに感銘

 そんな彼らのPSG戦をパルク・デ・プランスで取材したら、これがなかなか面白いチームだった。

ランスはパルク・デ・プランスでのPSG戦で堂々たるプレーを見せた(Photo: Yukiko Ogawa)

 フォーメーションは、守備時に両サイドが下がって5バックに可動する[5-3-2(3-5-2)]。試合によってはトップ下を置く[3-4-1-2]も採用している。

 まず目についたのは、選手の体格の良さ。簡単に当たり負けしなさそうなフィジカルの強さがある。そして、プレーがシンプル。一人ひとりが自分の役割をしっかり把握し、それに忠実に動いている感じがした。

 「PSGがサイドに展開したら、ボールホルダーに2人でフェイスガードについてパスコースを限定する、空いたスペースは他がカバーする」といった感じで、特別なことはしないが、やるべきことを最初から最後まで着実にやり通す。

 お互いのカバーリングもしっかりできているので、常にバランスが取れていて、空いたスペースを相手に与えない。

 際立って印象的だったのは、選手たちの堂々としたプレーぶりだ。パルクに来る小規模のクラブは「相手がPSGなら引き分けで大金星。そもそも負けて当然」という空気を漂わせつつ、とにかく守備を固めるところがほとんどだが、いつでも点を取りにいく気満々、というオープンゲームを仕掛けていたのは実に清々しかった。

 ネイマールとマッチアップしたDFジョナタン・グランディも試合後に「自分たちがやろうとしていたことができた。ここ(パルク)に来てそれができるチームはあまりないと思う」とコメントしていたが、PSGを応援していた記者たちが最後までヒヤヒヤしていたほど、果敢にゴールを狙いにいっては惜しいチャンスを作っていた。

「自分たちがやろうとしていたことができた」と試合後に語ったDFグランディ(Photo: Yukiko Ogawa)

「内容にはがっかりしていない」

 試合はインターセプトからネイマールに先制点を決められ、後半、CKからマルキーニョスに追加点を奪われたが、PSGとの1戦目でも得点したカメルーン人FWイグナシウス・ガネゴが1点を返して2-1で終了。

 恥ずかしながら、メンバーの中で知っていたのは、PSGからレンタル中の将来有望な19歳のFWアルノー・カリムエンドと、「ここにいたのか!」と懐かしかった元チェルシーのガエル・カクタの2人のみだったが、豪快なソロドリブルで持ち上がり、突発的なミドルシュートで存在感を発揮したMFセコ・フォファナは、セリエAのウディネーゼから加入した新顔で、その前はマンチェスター・シティのユースに所属していた選手。

 GKも優秀だったが、彼は今シーズン加入したばかりの23歳の第2GKで、このPSG戦が初先発。ずいぶん堂々としていると思ったら、ベネズエラ代表の正GKウィルケル・ファリニェスだった。

 指揮官は、昨シーズンの2月末にアシスタントコーチから監督に昇格したフランク・エーズ。就任から2試合を消化したところでロックダウンとなり、リーグ打ち切りとなったのだが、3位で受け継いだ後、2戦2勝して2位に順位を上げたことで、見事に昇格を勝ち取った。そして今季も、そのチームスピリッツをそのまま継続している。

 PSG戦後の会見では「(敗戦という)結果は残念だが、内容については少しもがっかりしていない」と選手たちを労った。「彼らはやるべき時にやるべきことができるチーム。トレーニングでやったことが実戦でもできている」。まさにおっしゃる通りだ。

 13戦無敗については「このチームの安定感の表れ。自分たちがリーグ1でプレーできる実力があることを示せた」と話したが、そのために同じシステムを定着させるといった策を採っていることも明かした。

試合後の会見で、自信ありげな表情を見せたエーズ監督(Photo: Yukiko Ogawa)

 敵将のマウリシオ・ポチェッティーノも「個人的にすごく好きなチーム。良いサッカーをする。監督を称賛したいよ。ピッチ上でやるべきことが非常に明確になっている」と褒め称えていたが、リップサービスなどではなく、本心が出たという感じだった。

優秀な指導者と的確な補強がカギ

 彼らの今季の成功の秘訣は、まず明確な指導法を持った指揮官がいること。そして、夏の補強の成功だ。カクタが11ゴール5アシスト、カリムエンドが8ゴール6アシスト、ニースから獲得したガネゴが7ゴール3アシストと、新攻撃陣がそろって結果を出している。

 守備陣でも、アルゼンチン人の21歳のCBファクンド・メディナなどは、2、3年後にはビッグクラブに羽ばたきそうなポテンシャルを感じる。

 最終ラインの面々や、今季も8点を記録している昨季のチーム得点王フロリアン・ソコタなど、昇格を勝ち取った既存メンバーがしっかり基盤をキープしているところへ、即戦力となれる新メンバーが加わった。

 そしてロケットスタート。開幕戦こそニースに敗れたが、次の試合で王者を破ったことは彼らに大きな自信を与え、そこから5戦無敗で一気に3位まで上昇した。

 来季カンファレンスリーグに挑むなら、中盤のユーティリティー役あたりにさらなる補強も必要だろうが、彼らのチームスピリッツはぜひとも継続して欲しいところだ。

 次の第36節は、リールとのダービーマッチ。リールは現在首位で、今季の優勝候補。今シーズンのリーグ1は、北フランスが熱い。


Photos: Yukiko Ogawa, Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

RCランスガエル・カクタパリ・サンジェルマンマウリシオ・ポチェッティーノ

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。