BOOK

「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論

2020.05.22

Jリーグ関係者から
お父さんコーチまで
全サッカー指導者必携!
進化するサッカーの“実用書”

欧州サッカーアカデミズムの最高峰
ポルト大学で学んだ異色の25歳監督

<目次>

はじめに

第1章 戦術的ピリオダイゼーション

生みの親、ヴィトール・フラーデ教授

「Jogo de Modelo」はゲームモデルか、プレーモデルか

ゲームモデル(試合模型)とは何か?

実践的ゲームモデルの作り方

ゲームモデルを支えるプレー原則

プレー原則=行動規範は自由を奪うのか?

ゲームモデルとプレー原則の具体例

そもそも「戦術的」とは何か。なぜ「ゲームモデル」なのか

「戦術的」になるための諸法則

「ピリオダイゼーション」とは何なのか

「ピリオダイズ」=期分けする

期分けの方法

スポーツにおけるピリオダイゼーションの歴史

従来型ピリオダイゼーションから戦術的ピリオダイゼーションへ

一週間のサイクル:モルフォサイクル

「量が多い」「負荷が高い」「インテンシティが高い」とは、どういうことなのか?

では、「負荷の調節」とは何を指すのだろうか?

筋肉への負荷の種類

モルフォサイクルの詳細

インテグレーテッド・トレーニングは別物なのか?

◎図解でわかる戦術的ピリオダイゼーション

第2章 構造化トレーニング

パコ・セイルーロとは何者か?

要素還元主義vs構造主義

「デカルト式」への批判

トレーニングの「目的」と「相互作用」というチームスポーツの特殊性

「サッカー選手」の自己構造 Structured Footballer

なぜ「能力」ではなく「構造」なのか。「スピード」の一例

「個人」の構造の中身を育てる、とはどういうことか。

自己構造化に対する指導の罠

人間の「自己組織化」のキーは、「多様性」と「適応能力」

練習メニューを組む際の4条件

3段階のコンディションレベル

構造化トレーニングのプロセス:構造化マイクロサイクル

構造化マイクロサイクルにおける5種類の負荷

プレシーズンの準備

シーズン(リーグ期間中)のトレーニング

移行期での対応

5種類の構造化マイクロサイクル

FCバルセロナの実例

構造化トレーニングvsジム

パコ・セイルーロとモウリーニョの出会い

◎図解でわかる構造化トレーニング

林舞輝インタビュー「旅の終わり」

最後に

参考文献

<著者>

Maiki HAYASHI
林 舞輝(奈良クラブ監督)

1994年12月11日生まれ。25歳。イギリスの大学でスポーツ科学を専攻し、首席で卒業。在学中、チャールトンのアカデミー(U–10)とスクールでコーチ。2017年よりポルト大学スポーツ学部の大学院に進学。同時にポルトガル1部リーグに所属するボアビスタのBチーム(U–22)のアシスタントコーチを務め、主に対戦相手の分析・対策を担当した。モウリーニョが責任者・講師を務めるリスボン大学とポルトガルサッカー協会主催の指導者養成コース「HIGH PERFORMANCE FOOTBALL COACHING」に合格。2019シーズンよりJFL奈良クラブのGMに就任し、2020シーズンからは監督を務める。

<書誌情報>

定価:1600円+税
発行:ソル・メディア
発売日:2020年6月1日
仕様:四六判/並製/272頁
ISBN:978-4-905349-50-1

<ご購入はこちら>

<お問い合わせ>

[一般の方]info(@)footballista.jp
(@前後のかっこを消してメールを送信してください)
[お取り扱いを希望される書店様](株)ソル・メディア 販売部 03-6721-5151
(平日10:00~18:00)

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

林舞輝

Profile

フットボリスタ 編集部