SPECIAL

営業収益7億5000万円からの挑戦。水戸ホーリーホック新社長が描く見取り図

2020.08.27

水戸ホーリーホック社長・小島耕インタビュー(後編)

2020年7月、水戸ホーリーホックの代表取締役社長に就任した小島耕氏インタビュー。後編では「コロナ」「アジア」「新スタジアム」などをキーワードにクラブ経営について話を聞いた。東京から来た新社長は地方クラブの現状をどのように捉えているのか。

前編はこちら

変わりつつある“応援”の定義

――ここからは経営の話を伺わせてください。先日発表された「2019年度クラブ経営情報開示資料」によると、水戸ホーリーホックの営業収益は約7億5000万円。まずはこの額をどのように捉えていますか?

 「あまり業績が伸びていないのではないかと言われることが多いのですが、(2018年度から)約120%の成長率です。ただ、この営業収益額はJ2の中で下から数えた方が早い順位。ここから考えると、我われは残留争いをしていてもおかしくない規模のクラブです。昨年は7位なので、開幕前にはステークホルダーのみなさんから『今年はプレーオフを目指すのか?』と聞かれましたが、現実はそんなに簡単ではないです」

――経済力=チーム力だと考えていらっしゃいますか?

 「いえ、お金がサッカーをやるわけではないので。人件費がうちの何倍というクラブに勝てることもあります。それはGMの西村卓朗をはじめ、監督や選手、スタッフが頑張ってくれているから。ただ、クラブの経済力と順位は比例する部分がある。そこはファン・サポーターにもある程度は理解していただきたい。勝つ確率を高めるためにも収益は増やしていかなければいけない」

――どれくらいの営業収益を得られれば昇格争いできる戦力を維持できるとお考えですか?……

残り:3,073文字/全文:3,776文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ビジネス水戸ホーリーホック

Profile

玉利 剛一

1984年生まれ。関西学院大学社会学部卒業後、スカパーJSAT株式会社入社。コンテンツプロモーションやJリーグオンデマンドアプリ開発等を担当。2018年より筑波大学大学院に所属し、スポーツ社会学を研究。修士号取得。サポーター目線をコンセプトとしたブログ「ロスタイムは7分です。」管理人。footballista編集部。

関連記事

関連記事