SPECIAL

強い気持ちの正体――クリアソン新宿はなぜ地域CLに勝てたのか? 当事者・井筒陸也の証言

2022.05.21

2021シーズンの地域CLを制し、今季からJFL昇格を果たしたクリアソン新宿。超過密日程での連戦を勝ち抜くべく、彼らが採った“強い気持ち”を持ち続けるためのアプローチとはいったいどんなものだったのか。選手として実践した井筒陸也氏が明かす。

ご購入はこちら

 地域CLという大会は、1次ラウンドは3日で3試合、1週間空けての決勝ラウンドは5日で3試合というレギュレーションで行われます。選手生命を短くすること間違いなしのこの狂ったレギュレーションに、初めて挑んだクリアソン新宿が、なぜ優勝できたのか? なぜ実力を発揮できたのか?

 地域CLは、始まってしまえばできることは多くありません。1次ラウンドの中0日での3連戦中は、試合をして、できるだけ早く帰り早く寝るだけ。決勝ラウンドの中日は試合出場組はリカバリー、それ以外は調整のためのミニゲームと、どこのチームも同じようなことしかできないはずです。もしクリアソンだけの作戦があったとすれば、それは地域CLが始まる前、連戦のシミュレーションをしたことです。……

残り:1,450文字/全文:1,906文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年7月号 Issue091

レアル・マドリーのCL制覇が示唆する未来、ミラン復活にみる「総力戦」の新たな形 【特集】21–22欧州総括 5つのトレンドで読む、欧州カップ戦/「総力戦」が加速する、欧州各国リーグ戦

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

クリアソン新宿井筒陸也

Profile

井筒 陸也

1994年2月10日生まれ。大阪府出身。関西学院大学で主将として2度の日本一を経験。卒業後は J2徳島ヴォルティスに加入。2018シーズンは選手会長を務め、キャリアハイのリーグ戦33試合に出場するが、25歳でJリーグを去る。現在は、新宿から世界一を目指すクリアソン新宿でプレーしつつ、同クラブのブランド戦略に携わる。現役Jリーガーが領域を越えるためのコミュニティ『ZISO』の発起人。