SPECIAL

セリエA首位ナポリの策士、ルチャーノ・スパレッティと「最少失点なら優勝」の法則

2021.11.30

第13節でインテル相手に今季リーグ初黒星を喫したものの、続く11月28日の第14節、敵将としてマウリツィオ・サッリと再会したラツィオ戦では4-0の快勝。ここまで11勝2分1敗・30得点7失点、2位ミランに勝ち点3差をつけてセリエA首位を走るのがナポリだ。アタランタやミランをはじめ難敵ぞろいの12月を前に、長年ナポリを追う大田達郎さんが現チームの、そしてリーグ中盤戦の見どころを紹介する。

 11月25日はディエゴ・マラドーナの命日である。2020年に60歳で亡くなった“フットボールの神様”を偲び、彼に縁のある様々なクラブが、街が、人々が、あらためて追悼の意を示している。今なおマラドーナを神と崇める街、南イタリア・ナポリでは、かつて彼が躍動し、クラブに2つのスクデット(リーグ優勝)をもたらした黄金時代を象徴するスタジアム「スタディオ・サン・パオロ」を「スタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ」と改称。このたび、そのスタジアムにマラドーナの銅像が立つことになり、11月28日に行われたセリエA第14節ナポリ対ラツィオの試合前に、そのお披露目イベントが行われた。