SPECIAL

擁護派すら安堵、現在の批判から過去の称賛へ… レーブ退任、ドイツの受け止め方

2021.06.15

15年間の長きにわたったヨアヒム・レーブ政権最後の大舞台として、EURO2020の戦いに挑むドイツ代表。近年は批判にさらされることが多くなっていたレーブの退任決定は、ドイツ国内ではどう受け止められたのか。

※『フットボリスタ第84号』収録記事を一部編集し掲載。

 この6月か7月にドイツ代表がEURO2020で最後の試合を終えてヨアヒム・レーブ監督が退任する時、一つの時代が終わる。この時代のドイツ代表はW杯制覇を達成しただけでなく、美学的な観点でも人々を満足させる黄金時代だった。しかしながら、自称レーブ派の人たちでさえ今はほっとしている。なにしろ、ここ3年の代表には鉛のような重石がのしかかっていたからだ。2006年から続く長期政権で、彼自身が疲れているようだった。……

残り:1,587文字/全文:1,932文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

EURO2020ドイツ代表

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。