MAGAZINE

フットボリスタ第84号

2021.04.09

電子版で読む(ベータ版)

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開

[特集Ⅰ]
プロ目線のサッカー観戦術
最先端の「分析」とは何か

ペップ・グアルディオラが表舞台に登場して以降、戦術パラダイムシフトとも言えるサッカーの構造変化が起こった。それに伴い現場レベルでは急激に知識の共有化が進んでいるが、伝える側(見る側)の新しいサッカーへの適応は遅れているのが現実だ。欧州でも進化する現場とメディア・ファンのギャップは広がっている。

そこで日々勝つための傾向と対策が積み重ねられている欧州の現場では今どのようなフレームワークでサッカーを見ているのか、そして日本でそれをキャッチアップし実践している人たちの知見から、新しいサッカーを見る・伝えるための「分析法≒観戦術」を考えてみたい。

なぜ今、「分析」が重要なのか?
社会とサッカーの進化、その先にある組織の在り方の「変革」

プロ目線の最先端分析❶
レナート・バルディ(ボローニャ戦術分析アシスタントコーチ)
セリエA の現場で実際に使われている
ゲームモデル準拠のマッチアナリシス

プロ目線の最先端分析❷
サルバトーレ・シメオネ(元リーズ外部アナリスト)
ビエルサ・リーズの元アナリストが明かす
“エル・ロコ”クレイジーな試合の見方

プロ目線の最先端分析❸
白石尚久(シント=トロイデンU-21アシスタントコーチ)
異色の指導者、白石尚久が教える
ルイス・エンリケの副官ウンスエのメソッド

プロ目線の最先端分析❹
若林大智(セビージャ アナリスト)
ドルトムント戦前、何が行われていたのか
EL王者を支える「対戦相手分析」法を公開

プロ目線の最先端分析❺
ベンヤミン・グリュック(RBライプツィヒ ビデオアナリスト)
ナーゲルスマンの右腕にとって最も重要なのは
試合で決定的な意味を持つスペースを特定すること

プロ目線の最先端分析❻
フランシスコ・マトス(「Individual Football Training」共同創設者)
ブルーノ・フェルナンデスの個人育成コーチに直撃!
トップ選手が望む「個人分析」とは何なのか?

プロ目線の最先端分析❼
スワボミル・モラフスキ
「知覚」から「意思決定」「実行」の質を高める、
認知科学に基づく個人分析と改善のプロセス

プロ目線の最先端分析❽
ジョン・ハリソン(GKアナリスト)
「セーブ期待値」「移動距離」「1対1 」「12 m」…
GK 分析の専門家が考える優秀な守護神とは?

プロ目線の最先端分析❾
杉崎 健(『サッカーアナリストのすゝめ』著者)×高林諒一(hudl日本担当)
日本屈指のアナリストが活用事例を紹介
映像分析ツールの最新トレンド

プロ目線の最先端分析❿
山口 遼(元東大ア式蹴球部監督)
簡易分析、詳細分析、リアルタイム分析――
実戦で使える3種類の分析フレームワーク

L’Ultimo Uomo
2020年の戦術トレンド

有望なプロテニスプレーヤーからの転身
トゥヘルを支えるアナリストの数奇な人生

元ブンデス監督が本気でプレゼン。
ドイツの戦術分析番組『マッチプラン』に学ぶマッチアナリシス

ゴール期待値は時代遅れ!?
サッカーのKPIとなり得る近未来データ指標

元選手が考案した新指標パッキング・レートの現在は?

Tableauの流行が変えるフットボール分析の世界

[特集Ⅱ]
“バッドボーイ”は消えてゆくのか
現代サッカーの「優等生」論について

ピッチ上での愚行に対しては仕方ないとして、SNS を含むピッチ外での言動でも批判されるネイマールを見ていてふと思う。最近は“愛すべき悪童”ポジションのスター選手がめっきり減ったなと。かつては私生活で多少ハメを外したって、プレーで結果を出せばそれでOK だったフットボーラーだが、現代において選手は「商品」となり、そして品行方正を求められるようになった。ビジネス化の影響、社会全体の変化……良いアスリートとは良い人間である、と考えられるようになった背景には何があるのか。叩かれて当然だと思う反面、その風当たりの強さに昔は面白かったなと思ったりもする今日この頃。主要国それぞれの“バッドボーイ”をめぐる変化について、そんな時代を懐かしみながら各国の書き手に綴ってもらった。

“悪童”スターはなぜ、愛すべき存在ではなくなったのか

ENGLAND
ハードな男、プレイボーイ、破天荒型
昔はあんなに“かっこよかった”のに…

BRAZIL
できるワルが人気を博す“名産地”でも
生息域は縮小、象徴的なロビーニョの件

SPAIN
今なお、芝生の外では選手も普通の人
この社会との距離感、幸せではないか

ARGENTINA
マラドーナを生んだ国のバッドボーイ観
「ジェンダーに基づく暴力」撤廃に積極的

GERMANY
浮気者が英雄でもあるパラレルワールド
バイエルンの“FCハリウッド”な話

ITALY
勝てるのは勤勉なユーベ、でも皆
どこかでマラドーナやカッサーノを欲している

「朝からビーチで発射」ってナニ?
大ケガに繋がるSNSでの失敗

ロールス・ロイスとチストゥの反乱
チームが家族である時代が終わった日

「3日目には飽きていた」と本田も回想
2部モンツァにて、バロテッリは今…

L’Ultimo Uomo
イブラヒモビッチとルカクの衝突は単なる個人的遺恨が原因ではない

DER SPIEGEL
彼を見るとシンプルに幸せ

INTERVIEW
ゲオルゲ・ハジ
ルーマニアの英雄、かく語りき。
創造するのが10番だ。失われるわけがない

INTERVIEW
ユリアン・ナーゲルスマン(RBライプツィヒ監督)
“Love is power”自分の人間としての価値を
サッカーで定義したりしない

REGULAR

戦術リストランテ ●西部謙司
– 原点回帰のペップ・シティ、何が変わったのか?
ディープスロート内部情報が語るRマドリー ●ディエゴ・トーレス
– ビッグ4 争奪戦――10年間の覇権を握るために
ドイツサッカー誌的フィールド ●ダニエル・テーベライト
– 擁護派すら安堵、批判から称賛。レーブ退任の受け止め方

CALCIOおもてうら ●片野道郎
– CL新フォーマット問題が反映する欧州サッカーの未来
サッカーを笑え ●木村浩嗣
– ホーランド獲得(笑)。最優先はメッシの残留、次が財政立て直しだ。メッシ「生涯契約」への茨の道
TACTICAL FRONTIER 進化型サッカー評論 ●結城康平
– アカデミック世界の論理から、日本のデータ分析の課題を探る
フットボリスタ・ラボ・レボリューション’21
– 第19回 細田祥広:サッカーを子供たちと、ちゃんと向き合う、踏み出したその先に見たのは、刺激的な新しい世界

連載コラム
ENGLAND●山中 忍/FRANCE●小川由紀子
NETHERLANDS●中田 徹/BELARUS●篠崎直也
BRAZIL●沢田啓明/URUGUAY●Chizuru de Garcia

◯ ◯ ◯

サブスクリプションサービスに加入すればこの「フットボリスタ第84号」が手に入るうえ、オリジナル特集や連載、動画などWEBサイト内の有料コンテンツも読み放題!

ご登録はこちら!10日間無料キャンペーン実施中


Cover Photo: Visionhaus/Getty Images

TAG

フットボリスタ第84号

Profile

フットボリスタ 編集部