SPECIAL

カルチョを揺るがした3クラブの“裏切り”。首謀者のユベントス会長は総すかん状態

2021.04.27

“vs ESL”欧州主要リーグの受け止め方#2_イタリア

4月18日に正式発表されフットボール界に衝撃を与えるも、瞬く間に頓挫するに至った欧州スーパーリーグ(ESL)。世界から注目を集めた新リーグ構想を関係者やファン、メディアはどんなリアクションを見せたのか。“当事者”となった3カ国をはじめ欧州主要7リーグの反応を各国に精通するジャーナリストに伝えてもらう。

第2弾は、北の名門3クラブが参加を表明していたイタリア。メディアは大々的に取り上げ政府や他クラブの関係者、ファンからも否定的な声が相次ぐなど、 “当事者”となっただけにそのインパクトは特大だった。

 「ヨーロッパはサッカーの戦争へ」

 4月20日付の地元紙の見出しである。19日未明にESL発足の発表がされるや否や、イタリアの報道はほぼこれ一色となっていた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は電子版にてリアルタイムで情報を更新。衛星放送『スカイ・スポーツ』のニュースチャンネルはもとより、一般のニュースチャンネルまでも一日中この話題を扱った。文字通りの有事対応であった。

一般紙まで6面を使って大特集

……

残り:3,694文字/全文:4,177文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年11月号 Issue093

[11.20 開幕] W杯32カ国の9月シリーズを徹底分析!8強へ日本、E組突破の鍵 【特集】日本と、世界で勝つための戦術 カタールW杯 32カ国最新戦術ガイド

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ESLインテルビジネスミランユベントス

Profile

神尾 光臣

1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。