SPECIAL

オブラクの凄みはポジショニングにある。世界最高GKが駆使する「クロスビハインドステップ」

2021.01.22

公式戦280試合中152試合でクリーンシート、4季連続のリーグ最少失点――。2014年夏の加入以降、アトレティコ・マドリーの堅守を支え続けている絶対的守護神、ヤン・オブラク。世界最高GKとの呼び声も高い彼の隠れた凄みを、GK分析の専門家であるレネ・ノリッチ氏に解説してもらった。

 2021年現在、世界で最も優秀なGKは誰か。2020年のFIFA最優秀GKこそマヌエル・ノイアーが受賞したが、その問いにヤン・オブラクと答えるサッカーファンも少なくないだろう。筆者もその1人だ。近年GKのオフェンスアクションに目を奪われがちだが、GK本来の仕事、ゴールディフェンスに関して言えば、アトレティコ・マドリー守護神の右に出る者はいない。唯一無二とも言っていい彼のゴールディフェンスの素晴らしさはどこから来ているのか。

 オブラク自身は『FIFA.com』のインタビューで次のように語っている。

 「写真映えするめいっぱい体を伸ばしたセーブよりも、 『一見すると簡単に見えるセーブ』の方が GKにとって難しいことがある。そう見えるのはポジショニングに関係している」

 もちろん息をのむスーパーセーブは見る者を魅了する。しかし、オブラクのゴールディフェンスの真髄はポジショニングにある。彼の言う「一見簡単そうだが難しいセーブ」、そしてそれを実現する彼のポジショニングについて、より詳細に分析していきたい。

「正しい立ち位置を取ればプレーが簡単になる」

……

残り:3,017文字/全文:3,640文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年3月号 Issue083

変化を牽引するドイツの今。商業化の功罪、育成大国の模索、CL王者の戦術 【特 集】 ブンデスリーガの光と影。 変革期のドイツサッカー界で何が起きているのか

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ヤン・オブラク

Profile

レネ ノリッチ

1994年生まれ、東京都出身。少年団チームにGKコーチがいたことがきっかけでゴールキーパーをプレーし始める。ゴールキックを敵陣ペナルティエリア内まで蹴り込んでいた経験あり(小6)。2018年頃からゴールキーパーのプレー分析記事をブログやnoteに載せ始める。スタジアムでサッカー観戦する場合、GKのウォーミングアップから見始める。好きな選手はヤン・ゾマー、ニック・ポープ。