SPECIAL

ルーニー引退。黄金世代でも別格の天才が魅せた、あのゴールと献身を忘れない

2021.01.19

2021年1月15日、ウェイン・ルーニーがダービー・カウンティ(イングランド2部)で監督業に専念するため、その輝かしい選手キャリアにピリオドを打った。1985年10月24日生まれ、イングランド代表でも120試合53得点(03-18)を記録したFWは、地元のエバートンで02年8月に16歳でトップチーム初出場を果たし、04年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは13季で5度のリーグ優勝や07-08のCL制覇などに貢献。17-18は再びエバートン、18年夏からはアメリカのDCユナイテッドで1年半プレー後、20年1月に選手兼コーチとしてダービーに加入し、11月下旬より暫定監督を兼務していた。イングランド“黄金世代”の中でも「本当のワールドクラス」だった男の現役時代について、その歩みを現地で見続けてきた英国在住20年以上の山中忍さんが追想する。

 才能を称える際に用いられる英語の1つに“natural”がある。難しいことでも、ごく自然にできてしまうことを意味する最大級の褒め言葉だ。去る1月15日、2カ月前からFWと暫定監督を兼任していたダービー・カウンティ(イングランド2部)で、指揮官の仕事に専念することになったウェイン・ルーニーの現役時代にも、この表現がふさわしい。“ナチュラル”なフットボーラーであったからこそ、記録にも記憶にも残る偉大な選手として、18年間に及ぶプロキャリアの幕が降ろされた。……

残り:4,047文字/全文:4,649文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年3月号 Issue083

変化を牽引するドイツの今。商業化の功罪、育成大国の模索、CL王者の戦術 【特 集】 ブンデスリーガの光と影。 変革期のドイツサッカー界で何が起きているのか

10日間無料キャンペーン実施中

国内サッカー強化WEEK

TAG

ウェイン・ルーニーマンチェスター・ユナイテッド

Profile

山中 忍

1966年生まれ。青山学院大学卒。在住も20年を超えた西ロンドンが第二の故郷。地元クラブのチェルシーをはじめ、イングランドのサッカー界を舞台に執筆・翻訳・通訳に勤しむ。著書に『勝ち続ける男 モウリーニョ』、訳書に『夢と失望のスリー・ライオンズ』『ペップ・シティ』など。英国「スポーツ記者協会」及び「フットボールライター協会」会員。