NEWS

緻密な戦術分析、批判的な指摘、万人受け……正しい解説とは何か

2021.12.05

 先週、イングランドのフットボール界で話題になったのは解説者たちの発言だった。とりわけ11月28日のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの試合後には、スタジオゲストの解説者たちによる口論が大々的に取り上げられた。

ロナウドを巡って大激論

 クリスティアーノ・ロナウドが先発から外れたことについて、ユナイテッドOBのロイ・キーンが吠えた。「ロナウドをベンチに置いて何の意味があるんだ」と英国放送局『Sky Sports』で力説。「確かにプレスはかけないが、スーパースターを中心にチーム作りをすることも必要なんだ。俺の現役時代にも、チームワークを“サボる”選手はいた。カントナとかね。でも、こういう選手は決勝ゴールを決めてチームにトロフィーをもたらすのだから、許されるべきだ」

 これに対して元リバプールのジェイミー・キャラガーは「ロナウドが全試合に出場すべきという考えは間違っていると思う」と説明し始めた。するとキーンが「すべての試合ではなくても、こういうビッグゲームには出るべきだ」と反論し、元チェルシーのジミー・フロイド・ハッセルバインクを間に挟んで口論がヒートアップしていった。

 キャラガーは、今季のユナイテッドについて一歩後退したと指摘。「パリ・サンジェルマンはメッシを獲得し、ユナイテッドはロナウドを獲得した。2人とも、この世代の世界最高選手だ。しかしユナイテッドは昨季よりもリーグ優勝に近づいたか? ノーだ。PSGはUEFAチャンピオンズリーグ制覇に近づいたか? ノーだ」

ロナウドの起用法を巡り、ロイ・キーンとの口論を繰り広げたキャラガー

 するとキーンは「ロナウドはユナイテッドをリーグ優勝させるために戻ってきたわけではない」と言い返す。キャラガーが「それじゃ何のために37歳の選手を獲得したんだ?」と問い詰めると、キーンは「FAカップでの優勝やCL出場権の確保、そしてCLでグループステージを突破するためだ」とまくし立てた。

 ハッセルバインクは2人の剣幕に呆気にとられ、途中から無言でやり取りを眺めているだけ。最終的には、司会のデイブ・ジョーンズがキーンの膝を3回叩いて「もう時間です」と口論に終止符を打ったのだった。

キーンは“持っている男”

 この情熱的なやり取りについて、スポーツ番組の司会者であるマックス・ラッシュデンが英紙『The Guardian』に興味深い記事を掲載しているので紹介しよう。ラッシュデンは同業者であるデイブ・ジョーンズの止め方を「勇気を持った行動。タイミングも完璧」と絶賛した上で、今の放送業界について考察を展開した。

 キーンとキャラガーの口論はあまりにも注目を集め、『The Guardian』のポッドキャストの番組には試合内容よりも2人の口論についての質問の方が多数届いたという。「リハーサルがあるのか?」「キーンは茶番化していないか?」「解説者がファンのYouTubeチャンネルのように叫ぶべきか?」

 これに関してラッシュデンは「これほど視聴者の興味をそそったのだから、何か問題あるだろうか?」と綴る。「ハーフタイムや試合後にもチャンネルを変えさせないためにはインパクトが必要だ。放送業界的に考えてキーンは“持っている男”なんだ」

個性豊かな解説者たち

 そして、解説者には役割があると説明して、元スコットランド代表FWアリー・マッコイストの解説を例に出した。ユナイテッド戦の2日後に行われたリーズvsクリスタルパレスで解説を務めたマッコイストは、リーズのラフィーニャがFKを蹴る場面で「凄いスピードのボールを(中央に)入れるはずだ。そう予想する」と言い切ったそうだ。

 しかしラフィーニャが蹴ったボールは、クロスバーの遥か上を超えてゴールラインを割った。すると実況者が「コメントを撮り直しましょう!」と機転を利かせて冗談に変えた。これに対してマッコイストは「いや、自分の発言には責任を持つ。だって、私はボールの高さに関しては触れていなかった。実際にボールは凄いスピードで飛んでいったよ!」と笑って見せたそうだ。

 ラッシュデンは、そんなマッコイストについて「気さくで、面白くて、賢くて、自虐的」「純粋なサッカーの喜びを伝える」「万人受けする」と解説者としての能力を絶賛する。そして、その他の解説者についても触れた。元アーセナルのイアン・ライトは「陽気」で、チェルシー女子チームを率いるエマ・ヘイズは「戦術知識」に長けているという。そしてロイ・キーンについても「キーンが『カップ、カップ、カップ』と叫んでくれるのなら、試合分析など必要だろうか?」と彼の魅力を説明した。

 そう考えると、サッカーに正解がないように、解説業にも正解はないようだ。ただ言えるのは、サッカーがそうであるように、解説業もやはり個性が大切ということだ。


Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年1月号 Issue088

08-09ペップバルサから2021川崎Fまで。革新チームで振り返る15年の戦術進化 [特集]2006-2021サッカー戦術ヒストリア フットボリスタ創刊15周年記念号

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

クリスティアーノ・ロナウドジェイミー・キャラガーマンチェスター・ユナイテッドロイ・キーン

Profile

田島 大

埼玉県出身。学生時代を英国で過ごし、ロンドン大学(University College London)理学部を卒業。帰国後はスポーツとメディアの架け橋を担うフットメディア社で日頃から欧州サッカーを扱う仕事に従事し、イングランドに関する記事の翻訳・原稿執筆をしている。ちなみに遅咲きの愛犬家。