NEWS

ベルギーリーグ10年目の栄冠。ラファエロフがゴールデンシュー受賞

2021.01.19

 ベルギー紙『HLN』が主催する2020年のベルギーリーグアワード「ゴールデンシュー」が1月13日に発表され、ロイヤル・アントワープ所属のイスラエル代表FWリオル・ラファエロフが受賞した。

クルブ・ブルッヘ勢の連続受賞を止める

 1954年から始まり、今年で67回目となる「ゴールデンシュー」。2020年にベルギーリーグで最も活躍した選手が、解説者やスポーツジャーナリスト、元受賞者、審判員による投票で選出される。過去にはバンサン・コンパニ、アクセル・ビツェル、トルガン・アザール、デニス・プラートなどが受賞している。

 実際のフットボールシーズンと一致しないため、投票は昨シーズン後半と今シーズン序盤の2回に分けて行われる。毎年、ベルギーのテレビ局『VTM』の番組に多くの選手が招待され、華やかに授賞式が行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響により、規模を縮小して行われた。

 2020年のゴールデンシューは、ラファエロフが271ポイントを獲得。2位のオーストリア代表MFラファエル・ホルツハウザー(ベールスホット)の187ポイント、3位のナイジェリア代表FWポール・オヌアチュ(ヘンク)の86ポイントを大きく引き離して受賞した。

 2016年はホセ・イスキエルド、2017年はルート・フォルメル、ここ2年はベルギー代表MFハンス・ファナーケンと、2016年からクルブ・ブルッヘ所属選手が4年連続受賞中だったが、ラファエロフがその記録を止め、アントワープでは1966年のウィルフレッド・ファン・ムーア以来、54年ぶりの快挙を果たした。

ベルギーリーグ10年目で初受賞

 現在34歳のラファエロフは、2011年にイスラエルの名門マッカビ・ハイファからクルブ・ブルッヘに移籍。足下のテクニックとキック精度に優れ、主にウイングとして活躍し、2018年までに161試合40ゴールを記録した。

 2018年にはアントワープへ移籍し、主にセカンドトップとしてプレー。同じくベテランのDRコンゴ代表FWディウメルシ・ムボカニとのコンビでゴールを量産した。

 2020年は、古巣クルブ・ブルッヘとのベルギーカップ決勝で自ら決勝ゴールを決め、アントワープに28年ぶりのタイトルをもたらした。2020-21シーズンも開幕から好調をキープし、6ゴール4アシストと活躍。UEFAヨーロッパカップの第2節では、トッテナム相手に決勝点を挙げてアントワープに大金星をもたらすなど、幾度もなく勝負強さを発揮し、ベルギーリーグ10年目で最も印象に残る活躍を見せていた。

 同じくアントワープでプレーする三好康児にとってはポジションを争うライバルであり、ベンチが定位置だった三好は出場機会が限られていた。現在ではイバン・レコ前監督(現上海上港監督)によるシステム変更によって三好は右WBでプレーしており、スムーズな連携でお互いのゴールを演出するなど共存を果たしている。

三好とはポジションを争うライバルだったが、現在は異なるポジションで好連携を披露している

森岡は14位、伊東は15位

 ベルギーリーグでプレーする日本人の中では、シャルルロワの森岡亮太が11ポイントの14位で最高。ヘンクの伊東純也が8ポイントで15位だった。年間を通じて安定したパフォーマンスを見せた森岡の得票数が多く、昨シーズン後半はチームが低調で、今シーズンの投票でもオヌアチュやボンゴンダなどのチームメートと票を分け合った伊東は伸び悩む結果となった。今季レギュラーとして活躍している三好やベールスホットの鈴木武蔵、シント・トロイデンでチーム得点王の鈴木優磨には票が入らなかった。

 近年、ベルギーリーグでプレーする日本人選手が増えているが、ゴールデンシューでは2017年に当時ワースラント・ベフェレンでプレーしていた森岡亮太の5位が最高であり、まだまだリーグのトッププレーヤーに名を残せているとは言い難い。今後、日本人がゴールデンシューを受賞する日が来ることを期待したい。


Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年3月号 Issue083

変化を牽引するドイツの今。商業化の功罪、育成大国の模索、CL王者の戦術 【特 集】 ブンデスリーガの光と影。 変革期のドイツサッカー界で何が起きているのか

10日間無料キャンペーン実施中

国内サッカー強化WEEK

TAG

クルブ・ブルッヘロイヤル・アントワープ三好康児伊東森岡亮太

Profile

シェフケンゴ

ベルギーサッカーとフランス・リーグ1を20年近く追い続けているライター。贔屓はKAAヘントとAJオセール。名前の由来はシェフチェンコでウクライナも好き。サッカー以外ではカレーを中心に飲食関連のライティングも行っている。富山県在住。