故郷バイエルンへの凱旋…ナーゲルスマンは「人生の夢」を叶えられるか