SPECIAL

「職人技」から生まれた統一フォント。「Jリーグキック」の誕生と未来

2020.10.15

川﨑濃(Jリーグ・ブランドマネジメントリーダー)&橋場貴宏(Jリーグ・ブランドマネジメントクリエイティブオフィサー)インタビュー後編

9月15日、Jリーグはオフィシャルネーム&ナンバーの導入を発表。これまで選手の背負う番号と名前の色とフォントは各クラブが独自に用意してきたが、2021シーズンからリーグ全体で統一される運びとなった。

親しみのあるデザインから突如、別れを告げることになったファン・サポーターの間では様々な議論を呼んでいるが、なぜJリーグは導入に踏み切ったのか。担当者であるブランドマネジメントリーダーの川﨑濃氏、ブランドマネジメントクリエイティブオフィサーの橋場貴宏氏を直撃した。

後編では、統一フォントが誕生した経緯、Jリーグのブランディング戦略について、海外リーグの事例も交えながら詳しく話を聞いた。

←前編へ

3DCGテストでも視認性チェック

――カラーについてうかがってきましたが、フォントについてもお話を聞かせてください。まず、どのような経緯で統一フォントが誕生したのでしょうか?

川﨑「色については『カラーユニバーサルデザインを重視する』という明確なコンセプトがあったんですけど、フォントに関しては僕らにまったくノウハウがなかった。そこで今回のプロジェクトにも加わってもらっているタクラム(Takram)さんに相談し、デザイン決定までのプロセスについて様々なアドバイスをうかがいながら進めていきました」……

残り:6,403文字/全文:7,019文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

Jリーグ文化

Profile

足立 真俊

1996年、岐阜県出身。生まれもっての“人見知り”を克服するためにアメリカにあるウィスコンシン州立大学でコミュニケーション学を専攻。学業の傍らで趣味として始めた翻訳活動がきっかけとなり、サッカーに関する様々な情報発信を模索中。2019年5月、結局“人見知り”のままfootballista編集部の一員に。