SPECIAL

【インタビュー】監督シャビが見据える「バルセロナ帰還」の条件

2020.08.17

CLバイエルン戦での衝撃的な大敗により、クラブ内外から改革を求める声が噴出しているバルセロナ。監督人事に関しても様々な意見や憶測が飛び交う中、期待が高まっているのがレジェンドであるシャビ・エルナンデスの帰還だ。

しかし、報道を見る限り、彼の答えは今回も「NO」のようだ。

今年1月、エルネスト・バルベルデ解任時には実際にオファーを受けながら、首を縦に振ることはなかった。彼が自らにGOサインを出す「タイミング」とは、いったいどんな条件がそろった時なのか。

彼が古巣を指揮するために必要だと考えている要素と、今年でちょうど10周年となったスペイン代表でのワールドカップ制覇の記憶について小社刊『ペップ・シティ スーパーチームの設計図 のル・マルティン記者が聞き出したインタビューを特別掲載。監督シャビが見据えるキャリアプランの一端に触れてほしい。

シャビ・エルナンデスはサッカー界で世界的に認められたアイコンである。バロンドールは受賞できなかったが、パスを出し続けてその地位を勝ち取った。“ペロイーナ”を発明した者、という声もある。ペロイーナとは、ボールを受けた時に反転してボールを触らずしてプレーし続けるアクションのことである。今から10年前、南アフリカではイケル・カシージャスがすべてを止め、ダビド・ビージャが決勝進出に必要なすべてのゴールを決め、オランダ相手のアンドレス・イニエスタのゴールが歴史的な優勝を手繰り寄せた。しかし、史上初めてスペインがワールドカップを掲げることができたのは、繋いだパスのおかげである。あのチームのアイディアのエッセンスとプレースタイルのシンボルと言える選手がいるとすれば、史上初めてEURO連覇とワールドカップの3冠を連続達成し1つの時代を作り上げたチームを結び付けた選手がいるとすれば、それはシャビ・エルナンデスだろう。ペップ・グアルディオラのバルセロナ、ルイス・アラゴネスとビセンテ・デル・ボスケの代表は、彼とボールが刻むリズムで踊った。長期間、世界は彼の望むようにプレーしたのだった。10年後の今日、シャビは暑くなり始めたカタールにいる。プレーを辞め監督になった。結婚し2人の子供を持つ。ラマダン(断食月)の最中、カップ戦の準決勝を待っている。バルセロナのオファーを断ったのはそんなに前のことではない。その理由はいろいろあるが、チャンスは再びやってくることを知っている。30分間の電話インタビューで、10年前に南アフリカで起きたことを振り返り、カンプノウでこれから起こるかもしれないことを語ってもらった。……

残り:5,044文字/全文:6,111文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

インタビューシャビ・エルナンデスバルセロナ

Profile

ル マルティン

高名なスペイン人記者。1980年代からラ・リーガと母国代表をテーマに執筆活動に勤しむ。2001年出版の『La Meva Gent, El Meu Futbol(私の人、私のサッカー)』は、ペップ・グアルディオラ自身との共著。マンチェスターとバルセロナを行き来しながら、シティのグアルディオラ体制を追う。2016年から『footballista』で「ウォッチング・グアルディオラ」を連載中。