SPECIAL

「アーノルドのIH化」と「エリオットのWG化」。覇権奪還を期すリバプールの新機軸

2021.08.30

8月28日のチェルシー戦は惜しくも1-1に終わったものの、プレミアリーグ開幕3戦を2勝1分と良好な滑り出しを見せたリバプール。マンチェスター・シティに独走を許し、王座から3位に転落した昨シーズンを経て、クロップ体制7年目を迎えたレッズの逆襲に期待だ。積極補強を敢行するライバル勢に対し、継続路線で臨むチームの現状、3試合で見えた新たな手法や課題を、LFCサポーターの“情報”と“情熱”が集う場所『リバプールFCラボ』で戦術班を担うトリコレッズさんに分析してもらった。

 CB陣の相次ぐ長期離脱、声援の消えた“要塞”アンフィールドでの連敗、若手の躍動、守護神の奇跡の一撃、そしてCL権奪取――。ジェットコースターのような20-21シーズンをプレミアリーグ3位で切り抜けたリバプールは、他チームの絢爛豪華な補強と比べると(現時点では)静かなオフを経て、新シーズンに乗り込んだ。

 開幕3試合はノリッジ(○0-3)、バーンリー(○2-0)、そしてチェルシー(△1-1)を相手に2勝1分、6得点1失点。これは(10人のチェルシー相手に引き分けたという事実もあるが)上々の立ち上がりと言えるだろう。

 ここでは、開幕3試合で見えてきた戦術的特徴をもとに、新シーズンのリバプールを読み解いていきたいと思う。

戻ってきたCBの配球力

……

残り:4,905文字/全文:5,466文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

チェルシーリバプールレビュー

Profile

トリコレッズ

LFCラボライター・戦術班所属。2005年、「イスタンブールの奇跡」でリバプールファンに。少年サッカー時代にCBだったこともあり、CBの選手を偏愛している。Jリーグでは横浜F・マリノスのサポーター。