SPECIAL

インスピレーションは野生動物? ムバッペが自慢の俊足の秘密を明かす

2021.06.25

フランスの若きエース、キリアン・ムバッペ。EURO2020でも攻撃陣を牽引している彼の最大の武器は人並み外れたスピードだが、そのルーツはどこにあるのか。現在の課題と対策、同僚ネイマールと自身の比較など、興味深いテーマをムバッペ自身が語っている。

 現在開催中のEURO2020でも、フランス代表の攻撃の要として活躍中のキリアン・ムバッペ。

 2018年のW杯で4得点を挙げたワンダーボーイは、今大会ではまだ得点はないが、グループリーグ最後のポルトガル戦では、ボール・ポグバのパスに反応してゴール前に切り込んだ彼が倒されてPKをゲット。これをカリム・ベンゼマが決めて、フランスに貴重な同点ゴールをもたらした。

 彼の持ち味は、何といってもそのスピードだ。

 そして彼自身が「僕がいると、相手はラインを下げざるを得ない。バイエルンのようにハイプレスを信条とするチームでさえ、僕がいる時は30mほどラインを下げることになるんだ」と語っているように、このスピードはチーム全体の武器でもある。

動物を見てスピードに魅了

 その、彼の代名詞とも言えるスピードをテーマにした、先日の『FRANCE FOOTBALL』誌のインタビューが面白い内容だった。……

残り:2,292文字/全文:2,799文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年9月号 Issue086

[特集]「カルチョ新時代のはじまり」EURO2020優勝記念!復活のアズーリ、変革期のイタリアサッカーを大特集! ■イタリア代表、モダンサッカー改革の全貌 ■セリエA、監督大移動の21-22シーズン展望

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

キリアン・ムバッペネイマールパリ・サンジェルマンポチェッティーノ

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。