SPECIAL

RBライプツィヒと業務提携、共同オーナーはクリケットのスーパースター。インド勢として初めてACLに挑むFCゴア

2021.03.23

近年、フットボール界では世界的なネットワークを築きグループとして発展を目指すマルチクラブ・オーナーシップが広まりつつある。その筆頭格の一つであるRBライプツィヒが昨年、新たな提携先として選んだのがインドのFCゴアだった。同クラブは今季のACLにインド勢として初出場する強豪ではあるが、いったいどんなクラブなのかは謎に包まれている。そんなFCゴアについて、フットボール界では新興国であるインドのサッカー事情なども含めて紹介する。

 4月に開幕となる2021シーズンのACLは、今大会から本戦出場枠が32から40に拡大される。これに伴い、新たにアジア最高峰の舞台に初出場を果たすクラブがある。南アジアの大国インドのFCゴアだ。世界2位の人口を誇りながらもワールドカップ出場はなく、フットボールの世界では新興国のインド。同国勢としてもACL初出場となるFCゴアについて取り上げたい。

国内随一のフットボールの街

 クラブが本拠を置くのは、インド南西部の都市ゴア。1500年代にはポルトガルから植民地支配を受け、インドに併合される1961年までポルトガル領だった。ポルトガルのアジアにおける南蛮貿易とキリスト教信仰の拠点となり、「黄金のゴア」と呼ばれアジア屈指の都市として繁栄した。

 長きにわたってポルトガルの支配下にあったゴアは、多民族で多宗教国家のインドの中でも特異な文化を形成している。現在もポルトガル語話者が多くキリスト教が多数派を占めるほか、インドの他の主要な宗教では忌み嫌われる豚肉の消費が非常に多いなど、様々な面でポルトガルの影響が残っている地域だ。

 そんな背景もあり、フットボールに関しても独自の根づき方をしている。……

残り:1,695文字/全文:2,410文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

FCゴアRBライプツィヒインディアン・スーパーリーグ

Profile

シェフケンゴ

ベルギーサッカーとフランス・リーグ1を20年近く追い続けているライター。贔屓はKAAヘントとAJオセール。名前の由来はシェフチェンコでウクライナも好き。サッカー以外ではカレーを中心に飲食関連のライティングも行っている。富山県在住。